2018年01月20日

リカちゃんのブラウス、スカート

20180120-1.JPG  20180120-2.JPG


どれもこれも、もとはわたしの着古したブラウスでした。
白以外はずいぶん前のもので、着ていたころがなつかしい…

ゆがんだミシン目が残念なバッグは、革財布の一部でした。
Lのような形だった革を2か所折って、フタから、脇、底と、続けて1回縫うだけでできました。

20180120-3.JPG  20180120-4.JPG


革のバッグができたところで、時間切れ。
全部まとめて持っていったら、人形の持ち主は保育園でしたが、妹(ばあば)がすごくよろこんでました。
「これ、かわいいやん」って、持って行った本もしっかりチェック。
子どもが小さいころに作っていたらしく、また作りたそうでした。
時はめぐって、またくりかえし…
リカちゃんって、すごいなぁ。
posted by つくつく坊や at 22:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

リカちゃんのTシャツ、パンツ

ギャザーたっぷりの服を作ったので、こんどはあっさりした服。
ちょうどいい布があったので、Tシャツとパンツ、ひだスカート、スパッツを作りました。

20180118-1.JPG  20180118-2.JPG


Tシャツには、Tシャツ。
汚れふき用に台所に置いてあった、古いTシャツを回収してきて作りました。
使いやすいように小さく切ってあっても、リカちゃん服にはじゅうぶん。
1枚作ったくらいでは、ぜんぜん減りません。

ハイネックシャツとスパッツの布も、汚れふきから回収してきたのですが、これはユニクロの肌着だったかも。
うすくてすべりがよくて、ピッタリの材料でした。

パンツとスカートは、ズボンのすそ上げで切りおとしたところを使いました。
posted by つくつく坊や at 22:09| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

リカちゃんの服、ギャザーたっぷりワンピース

20180115-1.JPG  20180115-2.JPG


身ごろは少しの布ですんだのに、スカート布の長いこと長いこと。
家にあったハギレではたりなくて、本の服よりひかえめのギャザーになりました。
それでも、こんなにたっぷり!

posted by つくつく坊や at 21:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

来年に備えて増量

去年と同じ羊毛フェルトの鏡餅を飾っていたのですが、上のモチと下のモチの大きさがほとんど同じなのが、ヘン?
そう思えてきたので、鏡開きを待って、下のモチを大きくしました。

20180112.JPG


ダイダイと干し柿が大きいのは気にしない、たぶん来年も。
posted by つくつく坊や at 21:04| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

リカちゃんのドレス

お正月に「この子にも、服を作ったってー」って頼まれたのが、髪はボサボサで、破れた服を着たあわれなリカちゃんでした。

抱き人形じゃなくてリカちゃんに作るなら、やっぱりドレスが作りたい。
ですよね。
ということで、図書館にあった本から2着。

20180109-1.JPG  20180109-2.JPG



ピンク色のドレスは、この本の「初めてのワンピース」に、花とリボンをつけました。
表布と裏布をあわせてた二重仕立てで、手縫い。
それがこの本の作り方で、ミシンを使わないというところが、わたしにはピッタリでした。
このワンピースの作り方は、写真付きでくわしく書いてあったので助かりました。

4766125371クラシカルスタイルのドール・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly BOOKS(ドーリィドーリィブックス))
貞谷紀子
グラフィック社 2014-02-07

by G-Tools



黒っぽいドレスは、花柄のすてきなハンカチで作ってあったのを、男物のハンカチで。
地味なので、残った布で作ったリボンを後ろにつけましたが、やっぱり地味?
シリーズの5冊目のせいなのか、こちらは作り方説明が人形服を作りなれた人向きのように思いました。

4529033406リカちゃん (No.5) (Heart warming life series―わたしのドールブック)
吉川 雅子
日本ヴォーグ社 1999-12

by G-Tools




こういう人形の服を作るのは、半世紀ぶり…です。
歳がわかってしまいますね。
そのころ、うちにあったお人形はタミーちゃんかペッパーちゃんでした。
2枚の布を縫いあわせてシャツやパンツを作ったのですが、パンツのゴムに輪ゴムを使うことしか思いつかなくて、縫いつけるのにすごく苦労したこと、思い出しました。
posted by つくつく坊や at 23:46| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

長いヒモ

20180107-1.JPG  20180107-2.JPG

長さ1m82p。
今までで、いちばん長い織物です。
まっすぐに糸を張ると場所をとるので、両端をヒモでくくって二つ折りで織りました。

整経するのも糸綜絖を作るのも楽だけど、織っていくのはプチ修行。
ただひたすらに糸を上下して、糸を右に左に入れていく…
世にあふれるヒモについて、いろんなことを思わずにはいられないのでした。
雑念の嵐、消えることなし。


20180107-3.JPGこれは、ヒモをさがしていた夫にあげました。
長すぎても、切断使用は禁止です。
posted by つくつく坊や at 21:42| 大阪 ☁| Comment(0) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

おチビたちと折り紙

お正月、妹の家でおチビたちと遊んできました。
4歳と1歳半の女の子です。

20180103-1.JPGおみやげに持って行ったのは、折り紙の指人形。

上の子には目がないっていわれ、下の子は指を上にして動かすのがむずかしくて、それほど関心をひかず。
目は自分で好きに描いてもらおうと思って、描かないでおいたのに…

この指人形はオリパペといって、オリロボと同じ人の作品です。
折る回数が少ないので、オリロボより楽に折れました。

別の折り紙の本で、上の子が折りたいといったのはハートのクラウンでした。
これは、予想どおり。
そして選んだ紙は、キラキラのホイル折り紙7色でした。
教えてもらって自分でも折ることができたので、ごきげんでずっとかぶっていました。


20180103-3.JPG  20180103-2.JPG

帰る前にいっしょに折ったチューリップの花束は、プレゼントしてもらいました。
キラキラが好きなだけかもしれないけれど、チューリップも金色。
子どもの感覚って、フシギです。


4834742830こどもと一緒に遊べる折り紙 (レディブティックシリーズno.4283)
丹羽 兌子
ブティック社 2016-09-08

by G-Tools

「遊べる折り紙」は、半分や4分の1に切った紙を使う作品があって、紙がはんぱに残るものがありました。
のりも使います。
「オリパペ」は、どの人形も1枚で作れます。

4844364588切らずに1枚で折る おりがみ指人形 オリパペ
フチモト ムネジ
エムディエヌコーポレーション 2014-11-25

by G-Tools
posted by つくつく坊や at 23:53| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

明けましておめでとうございます。

20180101-1.jpg




白と黒のスコッチテリアの絵がかわいくて、箱根細工も好きだったのでいくつか集めました。
これは、裁縫箱に使っている箱のフタです。


今年もこの箱をあけて、いろんなものを作っていこうと思います。

20180101-2.JPG  20180101-3.JPG
表は定番の風景画で、落差大きいです。
posted by つくつく坊や at 21:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

花織り2色バージョン

花織りといえば、できてからもよう糸を抜いて別の色糸を針でとおしていったり、ゆるんだもよう糸をひっぱってなおしたりと、こっそり修正をかさねた思い出ばかり。
そのくせ、もよう綜絖の作り方はさっぱり思い出せないから、またイチからのスタートなのでした。

20171229-1.JPG


2色バージョンなのに、1色だけのもように見えるのは、2色のうちの1色が地と同じ色だからです。
よく見ると水色と白のもよう糸が3本ずつはいっています。
そのもよう糸とよこ糸をあわせた7本が、1段ごとにひしめいています。

20171229-2.JPG  20171229-3.JPG
裏はすっきり、もよう糸は見えません。


これ、3本まとめてもよう糸をとおすと、きれいな一直線に並ばないんですよ。
1色ずつ、1本ずつ、交互にたて糸を選びなおしてとおしています。
見えないところに、かかる手間!

20171229-4.JPG棒に巻いた白い2本が、よこ糸ともよう糸。
左側にある水色の糸が、もう1色のもよう糸です。

もよう糸を左右に少し出しておいて、折り返しながら織っていくのですが、少し織ったところでいいことを思いつきました。

たて糸の左右に同じ色の細い糸を1本ずつ張って、もよう糸をそれに引っかけて織っていくんです。
そうしたら、端のギリギリでもよう糸を折り返すことができるはず。

20120726-3.JPGほどいて試したら、うまくいきました!
あとで切りそろえる必要がないし、前の花織りに比べてミミがすっきり。
(もっと短く切ってもだいじょうぶって、今ならわかるし…)

来年も、なにか進歩がありますように。
それでは、よいお年を!
posted by つくつく坊や at 22:55| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

クリスマスリース

20171224-1.JPG


材料は、ミルテの枝と、サンシュユの実、アジサイです。
輪の中がさびしかったので、紙で作った雪だるまともみの木をつるしました。

こちらは、夜になって雨です。
クリスマスイブなのに…
posted by つくつく坊や at 21:13| 大阪 ☔| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする