2017年09月28日

「ポーランド ヤノフ村の絵織物」

441651770Xポーランド ヤノフ村の絵織物: 二重織りの技法と伝統文化が生まれた小さな村を訪ねて
藤田 泉 秋元 尚子
誠文堂新光社 2017-08-10

by G-Tools


かわいい花や動物が、いちめんに織りこまれているヤノフ村の二重織り。
どうしたら、あのもようが織れるのか気になっていたのですが、この本で解決しました!

整経から、織り方、最後の糸の処理まで、写真付きで説明してあったので、よくわかりました。
織図もたくさん載っていて、たて糸の数が小さいので130本、大きいので330本くらい。
なによりうれしかったのは、自分で図案を考えて織る方法まで書いてあったことです。



20170928-1.JPG読んでいるうちに、小さいのなら織れそうな気がしてきました。
4枚綜絖の織り機ではなくて、棒機で。

とにかく2色の糸を2本引きそろえで整経して、綜絖を4つ作って。
織ってみたら、ちゃんともようはでてきましたが、すごく縦長で…
織り方がわかっても、きれいに織れるとはかぎらないのでした。

織り手さんのすてきな作品で目と心をいやし、ヤノフ村の織物の歴史のページもゆっくり読んで、それからまたやり直してみます。
posted by つくつく坊や at 23:15| 大阪 ☀| Comment(0) | 本・・・手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

人形のブラウスとジャンパースカート

20170924-1.JPG  20170924-2.JPG


ブラウスは、取りはずしできるリボンのおまけつき。

20170924-3.JPG  20170924-4.JPG


コーデュロイのジャンパースカートは、前に作ったAラインのジャンパースカートとおそろいで、脇のポケットも同じようについています。
人形の手は、はいりませんけれど…

20170924-6.JPG  20170924-5.JPG

posted by つくつく坊や at 22:11| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

夏の片づけ、スダレの補修

20170920-1.JPGこの四角いスダレ、たぶん長いスダレを窓の大きさにあわせて短くしたと思います。
それは、ずいぶん前のこと。
それから、1回、切れた糸を修理しています。

それがこの夏、風が吹くと窓枠にこすれる音がするなぁと思っていたら、糸が何本も切れていました。
前に補修したところまで、ブチブチと。

だけど、室内にかけているので、本体はほとんどいたみなし。
まだまだ使えそうなので、修理しておきました。

20170920-2.JPG  20170920-3.JPG


目につかない窓のスダレなので、ちょっと気を抜いた修理。
茶色がもとの糸で、切れたのを結んで短くなってしまった前の修理糸、そして端までちゃんと届いているのが今回の修理糸です。
糸のかけ方は、なみ縫いみたいだったり、アウトラインステッチみたいだったり。
いろいろです。
posted by つくつく坊や at 23:22| 大阪 ☁| Comment(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

人形のワンピース

フリルそでのワンピース。
20170917-1.JPG  20170917-2.JPG

長そでのワンピース。
20170917-3.JPG  20170917-4.JPG



20170917-5.JPG
posted by つくつく坊や at 20:33| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

家で藍染め

教室で使った藍染めの残液(濃いのとうすいの)で、家にあるものを染めました。

20170914-1.JPG  20170914-5.JPG

うすい染液はそれなりに染まったのに、濃い染液で染めたほうは、びっくりするくらいうすい色にしか染まりませんでした。
教室で染めたような濃い藍色とは、雲泥の差。
このまま終わりたくなかったので、染液につけては出してをくり返し、少し濃い色になったところであきらめました。

20170914-2.JPG  20170914-4.JPG

カセが家で染めた糸で、玉が教室で染めた糸です。
濃い染液で染めた糸、色の差ありすぎです。
カセの糸、色の差なさすぎでしょう。

20170914-3.JPG服は、白いところが濃い藍色になって、茶色いところは黒く染まるのではと期待していたのに、ここまででした。

うすい水色に染まった布は、ハンカチと昔なつかしふとんカバーの修理あと。
そこだけ、どうしても捨てられなくて置いてありました。
これからも使うあてはないけれど、試しに染めてみました。


新聞紙だらけの洗面所。 20170914-6.JPG  20170914-7.JPG
posted by つくつく坊や at 23:22| 大阪 ☁| Comment(0) | 染めもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

絣染め

綿糸を、藍で絣染めにしました。
インド藍の化学建てです。

染液は、粉末のインド藍を水で溶いて、苛性ソーダとハイドロを混ぜて作っています。
マスク、ゴム手袋が必須。

化学の力を見よ!というかんじの、しっかりした色に染まりました。
染液から出して絞っているうちに、緑色だったのがこい藍色にみるみる変わっていって、ほんとうに不思議。

20170912-2.JPG  20170912-1.JPG


たて絣を織るので、よこ糸はくくらずに濃淡2色に染めるだけ。
赤は綾にとおしてあるヒモで、きいろが染め残すために糸をくくっているヒモです。
糸にラップを巻いてから、ヒモでしっかりくくります。

20170912-3.JPG  20170912-4.JPG


はじめに図案を考えて、同じ位置をくくるたて糸の組をみつけて、組ごとに整経。
くくりは、同じ位置の組をまとめていっしょに。
そうすると、左右対称の柄だと、くくる手間が半分ですむのです。
が、まったくその恩恵にあずかることがない柄にしてしまいました。

20170912-5.JPG  20170912-6.JPG

20170912-7.JPG  20170912-8.JPG

ラップあり(水色)と、ラップなし(藍色)

ラップを巻かないと、すきまなくくくったつもりでも、ヒモのあいだから染料がしみこむところがありました。
それはそれで、いいかんじですけれど。
posted by つくつく坊や at 23:05| 大阪 ☀| Comment(0) | 染めもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

「テオ・ヤンセン展」

20170906-1.JPG  20170907-2.JPG


三重県立美術館の「テオ・ヤンセン展」に、行きました。
あのヘンな生きもののようなものが、どんなふうになっているのか近くで見ることができるんですよ。
見たい、見たい、見たい!
見たかったんです。

平日だし夏休みも終わってるし、すいてる?と思っていたら、駐車場は満車で、レストランも順番待ち。
読みが甘かったです。

20170907-3.JPG展示は少ないのですが、デモンストレーションが1時間ごとにあって、動くところをすぐ近くで見ることができます。
ハナ先が伸び縮みしながら動くのなんて、パイプについている結束バンドがヒゲのようにゆれて、ほんとうに生きものみたいでした。
自分で動かせるのもあって、大きさのわりに軽々と進むし、足の動きもなめらかで見とれてしまいました。

20170907-4.JPGきちんと設計されているから動くのだと思うのですが、こまかい作りは雑(失礼!)に見えて、これでいいの?っていうかんじでした。
でもそれが、機械じゃなくて生きものっぽいところなのかも。






posted by つくつく坊や at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

やっとできた、組みひも

先月の25日に行った組紐・組物学会のワークショップのひもの組み方が、やっとわかりました。

笹浪組の手順を変えて見本のように組むのですが、ヒントをもらったり、答えを教えてもらったり。
それでもうまくいかなかったので、家に帰ってやりなおしていました。

できたのが、これです。
先生の見本どおりに組めたと思ったのに、よく見たらちがうところが…

20170904-1.JPG   20170904-2.jpg


20170904-3.jpg  20170904-4.jpg


糸をかえて試してみたのがこれで、ちがっていても、もう終わり。
ほんとうは、この中から好きな組み方を使って作品を作るのですが、これで満足してしまいました。

20170904-5.JPG


20170904-8.JPG  20170904-9.jpg


20170904-6.JPG  20170904-7.JPG

組みひもディスクを使って、綿糸(コットンキング)を組みました。

posted by つくつく坊や at 22:33| 大阪 ☁| Comment(0) | 組みひも(アンデス・クテ打ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする