2017年12月29日

花織り2色バージョン

花織りといえば、できてからもよう糸を抜いて別の色糸を針でとおしていったり、ゆるんだもよう糸をひっぱってなおしたりと、こっそり修正をかさねた思い出ばかり。
そのくせ、もよう綜絖の作り方はさっぱり思い出せないから、またイチからのスタートなのでした。

20171229-1.JPG


2色バージョンなのに、1色だけのもように見えるのは、2色のうちの1色が地と同じ色だからです。
よく見ると水色と白のもよう糸が3本ずつはいっています。
そのもよう糸とよこ糸をあわせた7本が、1段ごとにひしめいています。

20171229-2.JPG  20171229-3.JPG
裏はすっきり、もよう糸は見えません。


これ、3本まとめてもよう糸をとおすと、きれいな一直線に並ばないんですよ。
1色ずつ、1本ずつ、交互にたて糸を選びなおしてとおしています。
見えないところに、かかる手間!

20171229-4.JPG棒に巻いた白い2本が、よこ糸ともよう糸。
左側にある水色の糸が、もう1色のもよう糸です。

もよう糸を左右に少し出しておいて、折り返しながら織っていくのですが、少し織ったところでいいことを思いつきました。

たて糸の左右に同じ色の細い糸を1本ずつ張って、もよう糸をそれに引っかけて織っていくんです。
そうしたら、端のギリギリでもよう糸を折り返すことができるはず。

20120726-3.JPGほどいて試したら、うまくいきました!
あとで切りそろえる必要がないし、前の花織りに比べてミミがすっきり。
(もっと短く切ってもだいじょうぶって、今ならわかるし…)

来年も、なにか進歩がありますように。
それでは、よいお年を!
posted by つくつく坊や at 22:55| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

クリスマスリース

20171224-1.JPG


材料は、ミルテの枝と、サンシュユの実、アジサイです。
輪の中がさびしかったので、紙で作った雪だるまともみの木をつるしました。

こちらは、夜になって雨です。
クリスマスイブなのに…
posted by つくつく坊や at 21:13| 大阪 ☔| Comment(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

今年もA5で、ぽち袋

クリスマスプレゼントができたら次は、お年玉。
例年通りA5の紙を切って折って、イヌのぽち袋ができました。

20171220-1.JPG


@紙の裏側に、切りとり線(赤)と折り線(黒)を鉄筆で引きます。
 斜めの切りとり線も、高さは1.5pです。
Aたての切りとり線2本に、切りこみを入れます。
 
20171220-2.jpg  20171220-3.jpg


B左下の折り線を山折りして、紙をかさねたまま切りこみを入れます。
Cたての折り線2本を、谷折りします。

20171220-4.jpg  20171220-5.jpg


Dよこの折り線を折って、切りこみの下にさしこみます。

20171220-6.jpg  20171220-7.jpg


E頭を折ります。

20171220-8.JPG  20171220-9.JPG


F耳を折って余分を切り、口の切りこみを入れます。
 しっぽは、角を少し折るだけでおしまい。

20171220-10.JPG  20171220-11.JPG


20171220-12.JPGG顔を描いたら、中にもひとこと!
 できあがりです。

posted by つくつく坊や at 21:48| 大阪 ☀| Comment(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

人形のハンガー

人形のものは、このハンガーで終わりです。
まだまだハギレはあるけれど、人形の服はもういいかなと。

20171218-1.JPG  20171218-3.JPG


20171218-2.JPG
表と裏。






posted by つくつく坊や at 20:59| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・金属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月16日

人形のブラウスとスカート

同じ布から作ったブラウス2枚と、タックスカート1枚。
ズボンは前に作ったものです。

20171216-1.JPG


20171216-2.JPG  20171216-3.JPG


スカートは、長方形の布にタックをとってベルトをつけました。
青いビーズのまわりに白いビーズ4つを縫いつけて、ボタンのつもり。

前に作ったブラウスを中に入れると、こんなかんじです。
ひっぱったら、ずり落ちるかも…

20171216-4.JPG  20171216-5.JPG
posted by つくつく坊や at 20:48| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

紙のストロースター

夏に教えてもらいましたが、ストロースターといったらクリスマスの飾り?
季節はずれやんって思っているうちに、もう12月で、それも、もう半ば。
クリスマスも近づいてきたので、作ってみました。

20171214-1.JPG


夏はオオムギの茎を6等分して作りましたが、これは2〜3oくらいの幅に切った紙を使いました。
オオムギも切ったら微妙に幅がちがっていたので、だいたい同じに切れれば充分です。

道具は、紙コップで作れます。
紙コップ2つを、底から2pくらいのところで切ります。
1つは24等分に切り込みを入れたら、あいだを切り落として、12本の仕切りがある台を作ります。
もう1つはそのままで、押さえとして使います。

20171214-2.JPG円周をはかって24等分してもいいのですが、切り落としたところを使うとかんたんです。
細く切ったのを巻いて、長さをあわせて切って、折って12等分すればいいんです。
半分に折って、それぞれを3つ折りして、またそれぞれを半分に折ります。
それをあてて印を12つけて、その半分くらいのところを切りました。
これも、だいたいですよ。

長い紙を、すきま2つ分あけて置きます。
そのとなりに、同じようにすきまを2つあけて次のストローを置きます。
同じようにして、12本。
ひとつのすきまに、2本ずつ入っていれば正解です。

20171214-3.jpg  20171214-4.jpg


短い紙6本を、十字にして3組置きます。

20171214-6.JPG  20171214-7.JPG


20171214-8.jpg押さえの紙コップをかさねてしっかり押さえて、紙の長さを均等にしてから、糸でくくっていきます。

糸端を10pくらいのこして、巻きはじめます。
@紙の下をくぐらせて上へあげて、A2周巻いたら、Bまん中の1本の下をくぐらせて、もう1周。

時計回りに置いていったら、時計回りにくくっていくと、となりの紙をよけるのが楽でした。
糸をピンと張って、左手の指もうまく使って糸を押して、がんばりましょう。

10pくらい残して糸を切って、ストローの根元で初めの糸端と結んで、先の方もつりさげられるように輪に結びます。

20171214-9.JPGかさなったストローの端はのりでとめてから、切りそろえます。
糸を巻いたところのストローものりでとめておくと、しっかりして安心。

使った紙コップの直径は5.2mm、紙は長さが15pと8pです。
きれいにかさならない角があったので、15pのほうはもう少し長くしたほうがいいと思います。

20171214-11.jpg
すきまを3つあけたのと、4つあけたもの。
たくさんあけると、中央の輪が小さくなります。
すきまを5つあけたら…、穴なしですよ。



長さをかえると、同じものも変身します。

20171214-10.JPG  20171214-12.JPG
もう、端っこののりが…
のりがかわくまで、ゼムクリップではさんでおくようにと教えられたのに、しないとこうなりますという見本。

20171214-13.JPG4つあけで12本だけのもの、長さちがいです。


ネットを見ていたら、きれいなのをいっぱい作っている方がいました。
文章(フランス語?)は読めなくても、作り方の写真と動画がありますよ。→Etoiles et flocons en paille naturelle


20171214-17.JPG夏のストロースターは、モビールにしました。
冬はあったかい空気が流れているのか、いつも動いています。
posted by つくつく坊や at 22:51| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

人形の小物

20171211-1.JPG



防寒小物を、もう1人分。
処分するセーターで作りました。

それから、ポシェットを2つ。
前に作った子ども用のポシェットとおそろいです。


20171211-2.JPG  20171211-3.JPG


アメなら、2つくらい入ります。
20171211-4.JPG
posted by つくつく坊や at 21:08| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

高麗組のチョーカー

組物組紐学会のワークショップで教えてもらった、高麗組のチョーカーです。

20171209-1.JPG


初心者向けの毛糸を使った組み方練習がなくて、いきなりの本番。
ちゃんと組めるのか心配でしたが、しっかりした撚り紐は組みやすくて、ほどくのも楽でした。
いちからやりなおしというのは、つらいけど…

それでも、ほぼできあがりという状態で家に持って帰ることができました。
こんなことは、初めて。

20171209-2.JPG  20171209-3.JPG


20171209-4.jpg
糸を動かすときに交差させないと2本にわかれたヒモになり、交差させるとくっつく。
前にも、そんなふうにして穴をあける組み方があったような。
数字は交差させた回数で、穴の大きさは交差させなかった回数が多い方が大きくなります。
posted by つくつく坊や at 22:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 組みひも(アンデス・クテ打ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

人形のエプロン

20171206-1.JPG  20171206-2.JPG


ヒモをつけて結ぼうとしたら、ちょっと長さがたりませんでした。
きつくひっぱって結んでも、チョウチョ結びができません。

ヒモをつけなおさなくても、なんとかならないかなぁと考えて、こんなふうになりました。
ヒモの端をチョウチョ結びの半分の形にして、ホックでとめています。

20171206-3.JPG  20171206-4.JPG

小さい子にはチョウチョ結びはむずかしいから、これでよかったかなと思いました。


posted by つくつく坊や at 16:27| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

誘惑に負けて、編みました。

1日で編めるよー、糸を切らんでも編めるねんよー。
って、すすめられたのに。

かたちがヘン、親指がまっすぐに立ってるし。
とかいいました。

「ベルンド・ケストラーのミトン」です。

すみませんでした。
そのヘンなかたちが気になって、編んでしまいました。

20171203-1.JPG


1日で編めるかもと思ってがんばりすぎたら、指が痛くなって4日かかりました。
でも、はやい人なら1日あれば片方は充分編めるでしょう。

糸を切らなくてもいいというのは、編み目をとめるのも編み地をはぐのも糸を切らずにつづけてできるということでした。
親指から輪に編んでとめはぎしたあと、さらに手首部分もつづけて編んでいけるのが、びっくりでした。

いつも最後のゴム編み止めに涙していたのですが、それもしなくてすみました。
「アイスランディック止め」という方法で、棒針を使ってとめたのですが、これがかんたん楽々。
初めて知った方法でした。

4418174257ベルンド・ケストラーのミトン 親指から一気に編める
ベルンド・ケストラー
世界文化社 2017-10-21

by G-Tools

20171203-2.JPG毛糸は、これの再利用です。→妹の手編みくつした

底はすりきれてしまったけれど、足首は無傷。
修理はムリでも、捨てるのもなぁ…と置いてあったのをほどきました。

かかとから上の部分で50g、本を見たらこれがちょうど50g。

なんとかできるかと思ったけれど、あとから編んだ方は手首の1段分(!)がたりませんでした。
編み終わった方をほどくのもめんどうだったので、長さちがいのままです。
並べてよーく見ないと、わかりませんから。

かたちはヘンでも編むのが楽な、「いいねっ!ミトン」
左右を気にしないで使えるのも、いいなと思ったミトンでした。
posted by つくつく坊や at 22:44| 大阪 ☀| Comment(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする