2017年12月09日

高麗組のチョーカー

組物組紐学会のワークショップで教えてもらった、高麗組のチョーカーです。

20171209-1.JPG


初心者向けの毛糸を使った組み方練習がなくて、いきなりの本番。
ちゃんと組めるのか心配でしたが、しっかりした撚り紐は組みやすくて、ほどくのも楽でした。
いちからやりなおしというのは、つらいけど…

それでも、ほぼできあがりという状態で家に持って帰ることができました。
こんなことは、初めて。

20171209-2.JPG  20171209-3.JPG


20171209-4.jpg
糸を動かすときに交差させないと2本にわかれたヒモになり、交差させるとくっつく。
前にも、そんなふうにして穴をあける組み方があったような。
数字は交差させた回数で、穴の大きさは交差させなかった回数が多い方が大きくなります。
posted by つくつく坊や at 22:41| 大阪 ☁| Comment(0) | 組みひも(アンデス・クテ打ち) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする