2018年09月02日

綾織りのサンプル織り

クギを打った木枠に糸をはって、綜絖を4本つけて織りました。
手前から3本はたて糸に糸をかけて作る糸綜絖で、いちばん向こうの綜絖は、たて糸の下に入れた棒です。
たて糸とよこ糸2色の組み合わせと、綜絖をあげる順番のくみあわせでいろんな柄がでてきます。

20180902-1.JPG


1枚目のサンプル織り(青と白)は、たて糸を2本おきに綜絖に取りました。
たて糸を1本ずらして次の綜絖を作っていって、綜絖が4種類。
それを、手前から順にあげるか、奥からか順にあげるかで、最後のほうは少し順番をかえて織りました。

20180902-2.JPG  20180902-3.JPG


2枚目(黒とみどり)は、綜絖にとるたて糸がちょっとだけ不規則。
綜絖も手前から順番にあげないから、1枚目とはずいぶんちがう柄がでてきました。

20180902-4.JPG  20180902-5.JPG
posted by つくつく坊や at 22:22| 大阪 ☁| Comment(0) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする