2018年10月01日

アーミッシュキルトのつづき

パッチワークは好きなのですが、キルティングは苦手です。
まっすぐに針を刺せない、針目がそろわない、しつけをするのがめんどう、などなど理由はいっぱい。
なみ縫いのようなキルティングか、ミシンステッチをするのがせいいっぱいです。

それでも、みんぱくのワークショップで作ったアーミッシュキルトは、気合いを入れて縫ったので、うすい綿をはさんでキルティングして仕上げました。
アーミッシュキルトにあるような柄を刺すのはむずかしいから、自由な柄で。

20181001-1.JPG 20181001-2.JPG

縫い目が大きいのでわかりにくいのですが、太陽と花と鳥とハートです。

20181001-3.JPG 20181001-4.JPG


できあがったキルトは、パン焼き網にピッタリの大きさでした。
だからこれは、パン焼き網カバー。

20181001-6.JPG  20181001-5.JPG

パン焼き網も毎日使って、黒々してきました。
切り込みが入った紙箱に柄をだすようにして置いていて、柄をひっぱって箱ごと棚から引きだして使っています。
サッと出せるし、パンくずで棚がよごれないから気にいってます。
箱は焼き網がはいっていた長方形の箱で、切って小さくしました。
レンジ台には、それ専用の棚を追加。
ここもブログに書いていないけれど、こまごま手を入れていました。
posted by つくつく坊や at 23:03| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする