2019年01月27日

パンツとボール

パンツと帽子を作ったポロシャツの残りで、できたもの。
大きいところでパンツを作って、こまごま残ったところでボールを作りました。

20190127-1.JPG


どんなふうに作るのか、気になっていたボール。
作り方は少しかわっていましたが、思っていたよりかんたんでした。

20190127-2.jpg作りたいボールより少しだけ小さい円を紙にかいて、型紙を作ります。
コンパスを使ってもいいけれど、コップや缶を使ってもだいじょうぶです。

切ったら、半分に折って、また半分に折って、円を4等分したものが、型紙A。

Aを写真右上のように折って、右下の赤線で切って開いたものが、型紙Bです。

型紙Aで24枚、型紙Bで12枚、縫いしろをつけて布を裁ちます。
型紙Aを半円にすれば、必要な布は12枚になって縫うところがへるのですが、Bと縫いあわせるのがむずかしそうな気がしてやめました。
Aを半分に折ったところと、Bの角をあわせたところですが、どうでしょう?

20190127-3.jpgA2枚を中表に重ねて、返し口を残して縫って、そこにBを縫いあわせます。

これは返し口が小さかったので、1目返し縫いをしてから、返し口の向こうに糸をわたして、また1目返し縫いして縫い進めました。
縫うのは黒線のところで、でき上がり線で縫いとめます。

表に返して、綿をつめて返し口を縫い閉じると、ハマグリみたいなのが12できます。

Aの角に糸をとおして、ギュッとしぼって糸を結びます。
糸はゆるんでいても、だいじょうぶです。

20190127-4.JPG  20190127-5.JPG


20190127-6.JPGどれでもいいので4つのハマグリの角に糸をとおして、こんどはしっかりしぼって玉結び。
糸玉は縫いしろに引き込んで、見えないように始末します。

そのうちの1つに、別の3つのハマグリを同じように縫いあわせます。

こんなふうなかんじで、4つずつ縫いあわせていったら、できあがり。

20190127-7.JPG
作るのが楽しくて、残りの残りでもう一つ。




posted by つくつく坊や at 22:02| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸・・・人形・おもちゃ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

パンツと帽子

20190122-1.JPG  20190122-2.JPG


材料は義姉の断捨離品、某メーカーのポロシャツです。

エリのリブ生地をパンツのすそに使いましたが、つけ方はいいかげん。
縫いしろのしまつに困って、縫いしろどうしをまつり縫いしました。
すぐに、ほつれてくるかも…
そのかわりといってはなんですが、股はテープを縫いつけてしっかり補強しています。

帽子はリバーシブルで、緑色の生地も断捨離品のポロシャツでした。
某メーカーのロゴも、しっかりはいっています。





posted by つくつく坊や at 20:18| 大阪 ☀| Comment(0) | 縫いもの・・・こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

よだれかけ

妹に、またまたまた…孫ができました。
男の子です。

お祝いに、またまたまた…よだれかけを作りましたが、気合いがはいりません。
材料もよれよれ、型紙もヨレヨレで、できあがりはヘナヘナ。

20190118-1.JPG  20190118-2.JPG


こちらのよだれかけは、とってもソフトな感触で、刺しゅうもない質素な作りとなっております。
気兼ねなく汚して、存分にお使いくださいませ。
posted by つくつく坊や at 09:31| 大阪 ☁| Comment(0) | 縫いもの・・・こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

いのししの飾りもの その2

毎年、干支の折り紙を飾っていた妹が、「いのししって、かわいいのないからなぁ」といって、干支飾りのない正月を迎えていたので、2つめは妹に。
より小さないのししを作りたかったので、羊毛フェルトを使いました。

羊毛フェルトといっても、糸紡ぎの原毛からとりのぞいたゴミで、いいところは草木染めということくらいです。
固まった原毛をほぐしながら作ったので、時間がずいぶんかかりました。

201901010-3.JPG

201901010-4.JPG   201901010-5.JPG


ほかには使えない色を芯にして、その上にきれいな茶色の原毛をつけていって、こっちに少しあっちに少しとたしていたら、思っていたより大きくなって、体長は5.5pで高さが3p。

足は胴につけるところは固くしないで、少し長めに作っておきました。
それを胴に刺しつけながら、ちょうどいい長さにしました。

201901010-1.JPG 201901010-2.JPG


目、耳、口、ほっぺとシッポをつけたら、できあがり。
丸めた原毛を針で刺して顔につけたら、白目もほっぺもきれいな丸になりました。
黒目は、ほんの少しの原毛を丸くなるように針で押しこんだら、案外うまくできました。

おまけは、松竹梅のじゅうたん。
大きさは、5p×6pです。

いのししを入れる箱も、作っておきました。
お茶が入っていた木目の紙箱、紅白の箸袋、何かについていた金色のゴム、どれも家にあったものばかり。
使えそうなものをさがして、ちまちま作るのが楽しかったです。

201901010-6.JPG   201901010-7.JPG


201901010-8.JPG

posted by つくつく坊や at 22:08| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

いのししの飾りもの その1

新年のあいさつに使った、いのししの飾りものです。

20190106-1.JPG


干支の飾りもので、いのししだけ持っていないという義母さんに。
ネクタイと着物のお古で作りました。

目はウッドビーズに黒糸をとおして玉結びでとめて、口とキバは刺しゅうです。
鼻先は丸くしたかったのですが、うまく縫えなくてとがっています。

体長7p、高さ4.5pくらいです。
上から、下から、斜め下から、横から。

20190106-2.JPG  20190106-3.JPG

20190106-4.JPG  20190106-6.JPG


20190106-5.JPGいのししが地味なので、赤いざぶとんと水引細工をつけて少しはなやかに。

水引の松と梅は、家にあった飾りを見て作りました。

松は、半分に折った金水引と針金を真結びして、針金をねじって緑の水引をはさんでいきました。
梅は最後がうまくできなかったので、針金でまとめてごまかしています。
2つをいっしょにして、金水引を巻いて完成。

あとで調べたら、梅は「かけ結び」という結びでした。 →政華流水引アート 水引アート小物の作り方



お正月に行ったら、テレビの横に飾ってありました。
作って、よかった!
posted by つくつく坊や at 22:05| 大阪 ☀| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

新年のごあいさつ

20190101-1.jpg


ブログを始めて10年が過ぎました。
ブログの記事も1000を超えそうで、びっくりです。

今年もよろしくお願いします。
posted by つくつく坊や at 22:03| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする