2019年06月02日

グミのジャム

毎年いっているような気がするのだけれど、この春の気候はヘンでした。
暑かったり、寒かったり。
そのせいか、夫の手入れのおかげなのか、今年はクワもグミも豊作です。

去年はじめて作って、たいへんだったグミのジャム。
種はあるし、シャブシャブで煮るのも長くて、こがしたし。
それでも、グミの実はまったなしの状態。

20190602-1.JPG  20190602-2.JPG


レモン汁が必須だということはおぼえていたけれど、種のとり方は?
20190602-3.JPGいろいろためして、ザルでこすのはたいへんだということはわかりました。

去年のブログを見たら、マッシャーで浮いてきた種をとっていて、そんなに苦労しているふうでもないから、次はそうしよう。

今年は、口径の大きいソテーパンで水分をとばしてから、小さめの鍋で続きを煮ました。
小さい鍋のほうがジャムをビンにうつしやすいし、鍋に残るジャムの量も少ないし。
そして、小さな鍋に残ったわずかなジャムも、ムダにしないでジュースにします。

20190602-4.JPG

今日採った実と冷凍してあった実をあわせると1.7sあって、とった種は350g。
レモン汁1こ分と、さとうを500gくらい使いました。


20190602-5.JPGクワの実はもっとすごくて、こわいくらいにびっしりです。
先週2sジャムにしたし、冷凍庫にもはいっているしで、もうすぐ限界…

イヌと散歩中の人にどうぞと声をかけたら、すぐにクワのフルーツソースになってもどってきて、びっくりでした。
ありがとうございます。
さらにさらに、毎朝散歩の楽しみに、採っていってくださいね。
posted by つくつく坊や at 16:03| 大阪 ☔| Comment(0) | おやつ・食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする