2019年12月08日

ねずみのぽち袋

ぽち袋に使っていた紙を買いにいったのですが、ないんです、見つからないんです。
A5サイズの和紙ふう、無地の便せん。
しかたがないから、OAマルチ用紙というA4白柳和紙を半分に切って使いました。
印刷用なので表面がツルっとしていて、ちょっと味気ないです。

20191208-1.JPG


今年は、9つ作ります。
では、作り方です。


@紙の裏側に鉄筆で線を引いて、赤線に切り込みを入れます。
カッティングボードなどの方眼にあわせて、線を引くと楽でした。

Aたての折り線で、谷折りします。

B下の折り線で、谷折りします。

C上の折り線で、谷折りをして折りすじをつけます。

20191208-8.JPG  20191208-2.jpg  20191208-3.jpg


20191208-4.jpgD両端を折って、ねずみとさしこみ部分をつくります。
角を上にもっていって、開くように折ります。
ななめに折りすじをつけておくと、折りやすいです。

Eまん中部分を、ねずみより少し低くなるように谷折りします。

20191208-5.jpgF下側を、三角の端のところで谷折りします。
ここで折ると、ねずみに端が少しかぶさります。

Gまん中部分に切り込みを入れて、鏡もちを作ります。
たてに切り込みをいれてから、おもちの角を落とすように切ると、形が作りやすいと思います。

Hねずみの顔・しっぽ、水引を描きます。
下に紙をしいて描くと、インクがはみ出ても安心です。

鼻→目→耳→口の順に描くと、いい顔になるような気がします。
ほっぺたに色をつけると、かわいくなります。

20191208-6.jpg  20191208-7.JPG

Iお年玉を入れて、ねずみの下のところを端の筒になったところにさしこんで袋を閉じます。

折り目はしっかりおさえておきます。
わたしは、ハサミのうしろのなめらかなところを使っておさえています。

ぽち袋ができると、ホッとひと安心。
庭掃除も終わって、やれやれです。
posted by つくつく坊や at 22:13| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする