2020年04月12日

苗族の帯の柄から

もとになったのは苗族の細長い帯で、赤、ピンク、白、灰色の組み合わせでした。
それを緑系の糸で、太く短く。
もちろん柄起こしは、先生ですよ。

20200412-1.JPG


柄にあわせて、1段ごとに浮かせるたて糸を手で拾っていきます。
すいすい織れるようになったと気をよくしていたのに、まちがい発見。

20200412-2.JPG  20200412-3.JPG


posted by つくつく坊や at 21:45| 大阪 ☔| Comment(2) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする