2020年07月26日

トトニカパンの帯

トトニカパンというのはグアテマラの地名で、動物や鳥などの柄をカラフルな糸で織りこんだ腰帯があります。
習うのはこれで2回目ですが、織り方は忘れているので、また一から。

20200726-1.JPG  20200726-4.jpg


「図案をたくさん用意してありますよ」と先生にいわれていたので、長いめに整経しておいたのに、残念。
図案2つ分たりませんでした。
房をのぞいた長さが75p、幅は6.5pで、帯にも襷にもなりません…

20200726-2.JPG  20200726-5.JPG
  

前に織ったときは経糸も柄糸もコットンキングでしたが、こんどは経糸にコットンクイーン、柄に刺しゅう糸を使いました。


posted by つくつく坊や at 21:52| 大阪 ☁| Comment(0) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

フタ付きぺたんこケースと巾着袋

糸巻きで作ったリリアンを入れておける、フタつきのケース。

20200716-1.JPG


フタ付きの小さいケースは、この作り方が気にいっています。
折って、縫って、返すだけです。

20200716-2.JPG  20200716-3.JPG


どちらも表にできる、リバーシブル。

ループをはさめるように返し口をフタの中央にしたのですが、ループはやめてフタの折り目にミシンをかけるだけにしました。

20200716-4.JPG  20200716-5.JPG  20200716-6.JPG


そして、ケースとおそろいの巾着袋。

20200716-7.JPG  20200716-8.JPG


輪になったところを少しだしておいて、引き込まれないようにひも通し口の端に縫いとめています。
この輪に指をかけて引くと、袋が開けやすいです。

20200716-9.JPG  20200716-10.JPG










posted by つくつく坊や at 17:44| 大阪 ☁| Comment(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

ルチェット

ダイソーの毛糸deリリアンには、細いひもが編める細編機というものがついていました。
それは小さいけれど、ルチェットという道具そのもの。
リリアンの針を2本だけにしたようなかんじで、先がYの形をしています。

使い方は棒機教室で教えもらったことがあって、2色で編んだり、ビーズや別のひもを組み込むこともできるんですよ。
興味がある方は、「lucet」で動画を検索してみてください。

リリアンにあきたら、こんなのも編めるから試してね、ということで見本を作っておきました。
毛糸deリリアンでは、糸をかけて中央をまとめた花。
花のモチーフが作れる道具と同じような形をしていたので、試してみました。

20200714-1.JPG






posted by つくつく坊や at 10:44| 大阪 ☔| Comment(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

リリアン

ダイソーに行ったときに、「毛糸deリリアン」というのをみつけました。
子どものころに編んだことがある、リリアンの大型版。
リュックを送るときのおまけにいいなと思って、買ってきました。

そして、ひらめきました。
木の糸巻きとくぎがあったら、昔風のリリアンも作れるやん!

そう、ずーっと捨てずにおいてあった木製の糸巻きがあるし、木枠で織り機を作った真鍮の丸くぎも残っているのでした。
ほんとうに、うまいぐあいに。

20200712-1.JPG


20200712-2.JPG  20200712-3.JPG


くぎは5本だったような気がするのですが、覚えていないので4本のと5本のを2つずつで、2人分。
くぎの間隔も、広いのと狭いの。
糸巻きの上と下で変えてみようとしたのですが、くぎを打つのがむずかしかったので、それは2つだけにしました。

編み針はダイソーのを使ってもらって、糸は手持ちのコットンキングから各色取り混ぜて。
試してみたら、ちゃんと編めました。

でも、小さいときは無心で長々と編んでいたのに、今はもうすぐ飽きてしまってダメでした。
ちょっと、さびしい…
posted by つくつく坊や at 22:29| 大阪 ☁| Comment(0) | 工作・・・木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

トートバッグ→リュックサック

20200707-8.JPGこんどのリュックサックは、もとのトートバッグの持ち手を肩ひもにかえるだけ。
袋部分は切ったりほどいたりしないで、そのまま使っています。

2つめの小さいリュックサックを作るときに残しておいた布を、半分に切ってポケットとフタに。
その上に、飾りにベドウィンのテントテープふうのひもをつけました。

20200707-1.JPG  20200707-2.JPG


持ち手は、1本を袋側に4〜5pくらい残して切り取り、もう1本は片側だけ縫い目をほどいてはずします。
切り取った持ち手を、ほどいたところに縫いつけます。
残したところにDかんをつけて、持ち手をとおして肩ひもにします。

20200707-9.JPG  20200707-10.JPG


ポケットと飾りを縫いつけて、袋口がひらかないように留め具をつけて、底の角に肩ひもの端をはさんで縫ったら、できあがり。

20200707-4.JPG  20200707-5.JPG  20200707-3.JPG



ポケットつきのトートバッグもあわせると、タンスで眠っていたトートバッグ4つと織りひも3本使いきり!
ちょっと、すっきりしました。

20200707-6.JPG  20200707-7.JPG


posted by つくつく坊や at 22:18| 大阪 ☔| Comment(0) | 縫いもの・・・こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

小さいリュックサック 2つめ

この前と同じ大きさのリュックサックを作りました。

20200704-2.JPG  20200704-3.JPG


材料のトートバッグもこの前のとほとんど同じ大きさだったので、同じように作ればかんたん。
なのに、このあと大きめのリュックも作りたくて、材料を少しかえました。
途中で作り方もかえたので、別のカバンからとった持ち手は使いませんでした。

20200704-1.JPG  20200704-4.JPG


並べてみたら、こんなかんじです。
20200704-5.JPG  20200704-6.JPG

posted by つくつく坊や at 15:11| 大阪 ☔| Comment(0) | 縫いもの・・・こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする