2020年08月29日

ペルーの経浮織り

たて糸の数は、もよう部分130本に左右の縁がそれぞれ32本。
これで幅16pになりました。

20200829-1.JPG


きちんと織れたら、裏表どちらでも使えます。
20200829-4.JPG  20200829-2.JPG



20200829-3.JPGもよう綜絖を2本作ったのですが、もよう部分と糸綜絖側の縁のたて糸を全部拾ったので、もうたいへん。

これで織るのが楽になると思ったら、もよう綜絖を使うのは1段おきで、あとはもよう糸を1本ずつ数えて拾うのでした。
綜絖作りに泣いて、織りでまた泣かされた1枚。
しかも、裏は使えない…

posted by つくつく坊や at 21:29| 大阪 ☀| Comment(1) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

バンド織りのリード その2

その1は、ビデオテープのケース(古い…)に穴と切込みを入れて作ったもので、使えるたて糸が39本までで、糸をピンとはるとたわむのが難点でした。

そこを改良して、さらに穴と溝が長短2種類あるタイプにしたのが、その2です。
これで、トートバッグのヒモを織りました。

20200822-6.JPG


20200822-1.JPG材料は長さ11.4p×幅0.9p×厚み0.2pのキャンディ棒で、50本入りのを2袋使いました。
これをひたすらカッターナイフで切って、木工ボンドではっていくとできあがります。

穴部分は、棒を上下5pくらいの長さに切ったものを使います。
丸みのある方をつきあわせて穴にしますが、あいだを大きくあけておくと糸をとおしやすいです。

短い溝部分は、棒を4等分したものを使います。
平らな方をつきあわせて短い溝にしますが、糸がひっかからないように、切口にヤスリをかけておきます。

20200822-2.JPG  20200822-3.JPG


長い溝は、穴部分で使わなかったところを半分に切って、棒の上下にはって作りました。
小さいのをチマチマはっているのは、溝の長さをできるだけ長くして、糸を上下に分けたときのすきまを、大きくしたかったからです。
キャンディ棒は、ちょっと短いのが難。

穴と溝の組み合わせをじっくり考えながら、少しずつはりあわせて大きくしていきます。
穴にはさまれた短い溝と、長い溝にはさまれた短い溝が交互、まちがえないように慎重に。
両端に、平織用の穴と長い溝が交互のものも作ります。

これを全部はりあわせてもいいのですが、もよう糸の本数(短い溝の数)を変えて織れるように、5つにわけておきました。
BとDは、Cを2つ並べたものです。

20200822-4.JPG  20200822-5.png


これを使うためには、組み合わせをかえてしっかり固定できるものが必要なのですが、それにピッタリだったものは、かせくり器に使っていたコの字型のプラスチック棒!
他に使えるものがみつからなかったので、かせくり器を分解しました。

20200822-7.JPG  20200822-8.JPG

プラスチック棒が変な長さにで切れているのは、ちょっとした失敗のせい。悲しい…

キャンディ棒はなめらかで角も丸くて、仕上がりがとってもきれいです。
ただし、ちょっと重いです。
と、書いて思いついたのですが、穴に使う部分の長さは1pくらいでもよかったのでは…







posted by つくつく坊や at 23:19| 大阪 ☁| Comment(2) | 工作・・・木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月17日

編みまちがい、まだあった

ベストの柄がくっきりしなかったのは、糸の置き方がわるかっただけじゃありませんでした。
もうひとつ、思い出しました。

裾のほうの柄がとくにボーっとしているのは、交差の下側の目を全部裏目にしていたからだと思います。

記号の凡例に「右上ねじり1目交差1目(下側は裏目)」と「左上ねじり1目交差1目(下側は裏目)」があるのに、編み図には「ー」がついていない記号ばかり。
それで勝手に、これは図が小さすぎて「−」が表示できなかったのだろうと判断。

でも、いくつか柄を編んで気がつきました。
ボーっとしているのは、わたしやん。

線が交差するところと線を増やすところは、下側も表目に編むのでした。

ということで、同じ過ちをする方がいませんように。

これを思い出したのは、「ナットトイヤー」のことを知りたくてネット検索したら、「小瀬千枝の伝統ニット」の正誤表というのがあったからです。→
ナットトイヤーの編み図の訂正かとおもったら、糸番号のまちがいと、帽子の編み図の訂正でした。


あともうひとつ、いいこともあったんですよ。
編み図の編んでいる段のところに、マスキングテープをはる!
定規や紙を置いても、動いたり見づらくて困っていたのが、マスキングテープで解決しました。


posted by つくつく坊や at 23:24| 大阪 ☀| Comment(2) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

猛暑に完成、毛糸のベスト

編み始めたころは、毎日雨で涼しくて、でかけるところもなかったので、つい。
後悔先立たず。

20200815-2.JPG

マンクス190g、表も裏も同じ柄です。

マンクスで編むなら、ボリュームがでて柄がはっきりするから、アラン編み。
そうすすめられたのですが、アランの中で好きな柄は、細い線の「生命の木」。
そして、編んでみたいと思ったのは、同じように細い線を使ったデンマークの「ナットトイヤー」でした。

20200815-1.JPG
このころはまだ、編み方をまちがっていることに気がつかず。
そでのところで平編みになって、真実を知る…
ひきかえせないので、そでから上は正しい編み方で進みました。

アラン編みと違っていたのは、毎段交差編みが入ること。(これも編み始めてすぐ、後悔)
交差させるときの糸を、目の手前に置くのか向こう側に置くか、それをまちがっていました。
マンクスなのに線がくっきりしなかったのは、そのせいか…




ベストがたくさんで、ほかにはマフラー、帽子などの小物と、イギリスと北欧の伝統編み物のお話。
伝統の柄を使ったベストは、前あき、Vネック、U首、フレンチスリーブと形もさまざまです。



posted by つくつく坊や at 22:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

トートバッグに使ったヒモ

ポケットつきのトートバッグに使ったひもは、「紐を織る」という本を見て織りました。

20200810-1.JPG


下にあるのは、ひもを織るときに経糸を上下させるリード(へドルルーム、rigid heddle)という道具です。

ふつうは穴と溝が交互にあるのですが、間に短い溝があるものを見たことがあって、謎でした。
でも、作って使ってわかりました。
これは、もよう糸を使って柄をだすのが楽なリード。

このひもは柄のところが、地の経糸2本〇〇・もよう糸1本●のくりかえしで、ふつうのリードのときは
穴溝穴溝穴溝穴溝穴溝穴溝穴溝穴溝穴…に、
〇〇●〇〇●〇〇●〇〇●〇〇●〇〇…と糸を通していきます。

もよう糸は穴と溝に通っているので、リードを上下すると経糸と同じように上下にわかれて並びます。
柄を出すときは、必要なもよう糸を上げて、いらないもよう糸は下げて織るのですが、上下にわかれて経糸のあいだに並んでいるので、もよう糸を選ぶためには華麗なヘラさばきが必須。

でも、短い溝(短)のあるリードの方は、穴と溝、短い溝が
穴溝短溝穴短穴溝短溝穴短穴溝短溝穴…の順に並んでいて、
〇〇●〇〇●〇〇●〇〇●〇〇●〇〇●〇…と、柄糸はどれも短い溝に入ります。

こちらはリードを上げても下げても、もよう糸だけが一列に並ぶので、柄に必要な糸を選びやすいのです。

20200810-2.JPG  20200810-3.JPG

平織りでふちを織るために、リードの両端は穴と溝のくりかえしになっています。




上の美術出版社の本は絶版で、下は2016年に復刊ドットコムで復刊された本。







posted by つくつく坊や at 23:15| 大阪 ☔| Comment(0) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

リュックに使ったヒモ

これを半分に切って、こどものリュックに使いました。

20200805-1.JPG


もとになったのは、細い藍染糸で織った中国のヒモです。
5つの柄を教えてもらって、いちばんかんたんそうなのをコットンキングで織りました。

20200805-2.png両端をミミにしたかったので、最後のほうは反対側から織っています。
織り進んだ最後の境目で、柄がピッタリ!
努力もしたけど、半分奇跡…
posted by つくつく坊や at 21:47| 大阪 ☀| Comment(2) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする