2020年09月06日

手編みのパペット、クマ

小さいものなら、暑くてもだいじょうぶ。
1段があっというまで、楽々編めました。

20200906-1.JPG  20200906-2.JPG

ふてくされた顔でも、くたっとした姿はかわいい…


20200906-3.JPG手袋を編んだ残りの細い毛糸を使ったので、胴体はヘナヘナ。
頭は綿が透けて見えないように2本引きそろえで編んだら、胴体に対して大きくなりすぎました。

薄緑色の帽子のようなものは、綿を入れてから内側につけるフタです。


       

本のゲージに関係なく適当に編んだのでちょっと小さくなりましたが、姪のこどもにあげるので平気。
そのかわり、ひとつでは済まないのが、たいへん。
posted by つくつく坊や at 15:17| 大阪 ☁| Comment(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする