2009年02月28日

「江戸・明治のちりめん細工」

4277431488伝承の裁縫お細工物 江戸・明治のちりめん細工―日本玩具博物館所蔵
日本玩具博物館
雄鷄社 2008-12

by G-Tools

日本玩具博物館が持っている、古いちりめん細工の作品を紹介した本です。

懐中物、袋物や巾着は、今ならティッシュ入れやバッグ、サシェ。
小箱は、カルトナージュ。
小さなものでも、すごく手間をかけて作られています。

底にある窓やふたを開けると、古典や芸能の図柄がでてくる袋物。
こまかい図柄が、押絵やきりばめ細工で作ってあるのです。

写真入れや迷子札、がらがらなんかも、ちりめん製。
使うより、飾っておきたいものばかりです。

ウグイス形の小さな巾着、つまみ細工の巾着、きりばめ細工の袋物、押絵の小箱4点は、作りかたがあります。

日本玩具博物館は、お細工物の収集・展示だけでなく、古い本の復刻もしていています。
ずいぶん前に行ったのですが、こんなところに博物館が?というところにありました。
敷地には蔵がいくつかあって、そこに日本や世界の玩具を展示してあったように思います。

またいつか、行ってみたい博物館。
雛人形かクリスマス玩具の展示のときがいいな。

posted by つくつく坊や at 21:02| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・・・手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック