2009年06月21日

園芸用の手甲

農園フードを作ったら、当然、つぎは手甲でしょう。

日よけや虫よけに、手の甲をカバーするから手甲(てっこう)なのかな?
腕までカバーできるものを、作って使っています。

長袖の服を着て作業していたときもありますが、暑いー!
そのうえ、指や甲を蚊にさされる!

ちょうど、日よけにアームカバーをする人が増えていて、園芸にも使えると思って作ったのですが、ほんとうに便利。
サッと、手で洗えるのも気持ちいいです。

20090621-1.JPG前に作ったのが、これ。
もう、しみだらけです。

ワイシャツの後ろ身ごろを使って作りました。

手袋をはめて作業するときは、甲の部分がじゃまなので、スナップボタンでとめられるようにしています。




20090621-2.jpg
今回の手甲は、農園フードを作った残り、袖の部分で作りました。
甲の部分は、前身ごろから。

袖は太かったので、袖口の幅でまっすぐ縫い直し。
袖口にタックをとって、甲に縫い付けています。

甲は布が二重になっていて、手首にゴムを通せるようにしています。



20090621-3.JPG


posted by つくつく坊や at 19:05| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック