2009年06月29日

洗濯ネット

今月は、記事が少ないです。
使わないものは、あんまり作る気にならないし・・・

せっかく作ったのに、活躍していない洗濯ネットのことでも書いておきます。
左が今月作ったもの、右がずいぶん前に作ったものです。

20090629-1.JPG


古い洗濯ネットが使えなくなったわけでもないし、洗濯に2つ使うこともありません。
それなのに作ったのは、桑の実のせいでした。

今年、とにかくどっさりとれた桑の実。
ジャム以外に保存方法はないかと考えて、干してみることにしたのです。
ブドウが干せるのだから、桑だってできるにちがいない。

試しに洗濯ネットにざるを入れて干してみたら、なんとかなりそうでした。
ただ、干物専用のネットを作っても、どれだけ使うかわからないから、洗濯ネットをもうひとつ作っておこうと思ったのです。

材料は、レースのカーテンと、お古のファスナー。
布がパッチワーク状になっているのは、その前の失敗作の名残。
この布は、たまねぎ用のネットにも使いました。

20090629-2.JPG干し桑は、天気が悪い日があって、外に干せたのは1日くらい。
もともと、日当たりもよくないし。
半分くらいは、カビが生えてしまいました。
できたものも、食べ物というよりはなにかの排泄物というような色とかたち。

おそるおそる食べてみましたが・・・、これ以上作るのは、断念。
おいしくない。まずい。にがい。へん。
でも一粒だけ、希望のもてる味だったので、来年また干してみるかもしれません。


これは6月初めの写真。
ざるを入れた洗濯ネットを、洗濯バサミでハンガーにつけて竿に干しました。

新しいネットの活躍の場は、ありませんでした。
posted by つくつく坊や at 23:41| 岡山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック