2010年05月25日

配線かくしの棚

地デジのために、しかたなくテレビを買いました。

あぁ、また、操作の方法を覚えなくてはいけません…
そして、ほかにもしないといけないことがありました。

テレビ台のうしろに置いていた、配線をかくすための棚。
細長い棚板を、ありあわせのもので支えただけの棚でした。
ちょっとバランスが悪いけれど、ちゃんと棚としても機能していました。

それが、新しいテレビに変えると、傾いてものが置けなくなりました。
古いテレビのときは、平らな背面が棚板を壁にしっかり押しつけて、水平をたもっていたみたいです。

新しいテレビでは、うまく壁に棚板を押しつけることができません。
ありあわせの支えでは、無理。

20100525-1.JPG







古いテレビと、古い支え
ほんとうに、ありあわせ…

今度はちゃんとした支えを作ろうと思って、きちんと寸法を測りました。
が、材料をさがしているうちに、切って作るより、やっぱり同じ高さのものをみつけようと方針変更。

高さをくらべていって、ぴったりの組み合わせを見つけました。
さがせばあるもの。
前より、きちんと高さがそろいました。

ポイントは、テレビを置いている台の上に、片方の支えを置いたこと。
以前は、台の後ろにあるすきまに支えを立てていました。
台に置いた支えのおかげで、棚のすきまから見えていた配線もかくせました。

20100525-2.JPG新しいテレビと、新しい支え

今日の工作は、細長い板を半分に切っただけ
やっぱり、ありあわせ…


   
   それでもできた、新しい棚!
 
20100525-3.JPG




posted by つくつく坊や at 20:40| ロサンゼルス ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック