2011年02月11日

また、ご飯でパン

ごはんパンを食べた夫の感想は、
「パイみたい。」

パンじゃなくて、パイ?

食べてみて、わかりました。
ミミが、パリッ、サクッとしているのでした。

大きさにこだわりつつも、必ずヘタを選ぶ夫。
片面が全部ミミのヘタパン、10枚のうち2枚しかないヘタパンを、いつも独占しています。

そのミミがパリッとしていたら、パイ皮とパンがついている感じ?
「デニッシュパンのよう」ともいってましたが、それはちょっといいすぎかも。
ミミだけデニッシュパン…

白いところは、やわらかくてもしっかり。
そして、甘みもあります。
これは、ご飯をよくかむと甘いのと同じかもしれません。
食べていると、じんわり甘みがでてきます。


今日のごはんパンは、水をへらして焼きました。

ごはんをつぶすのも、やめました。
こねるのは、機械まかせで15分。
ごはんの粒が残っているようでしたが、焼きあがったパンの切り口ではわかりません。

ふくらみが、少しわるかったです。


20110211.JPG


焼いたパンは2枚を残して、あとは冷凍。

袋の幅ピッタリに、食パン2枚2段がおさまります。
その袋が、引き出し式冷凍庫にきっちり4袋。
そういうふうに作ってあるのかもしれませんが、このダブルピッタリ、とっても気持ちいいです。






強力粉:400g
ごはん:230g
 胚芽米4押し麦1のごはん。
砂糖:大さじ2杯
塩:小さじ2杯
ドライイースト:小さじ2杯
ショートニング:20g
スキムミルク:大さじ2杯
水:230g ごはんをいれて、52℃に。
 室温は11℃(外は雪!)だったので、熱いめ。
posted by つくつく坊や at 19:57| サンディエゴ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おやつ・食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック