2011年03月09日

お箸、再生

ぼんぼりを作るために木切れをさがしていたら、古いお箸をみつけました。
塗装がはげて、飾りについていた寄木が欠けてしまったお箸です。
それでも、いつかきれいにしようと思って、捨てることができなかったのでした。

そしてそのまま、もう何年も、別の寄木のお箸を使っています。

20110308-1.JPG右の写真が、今のお箸。
くらべてみたら、こっちのほうがもっといたんでいました。
恥ずかしいくらいに、ボロボロ。
古いほうが、うんとましでした。

それで、やっと古いお箸を再生する気になったのでした。



20110308-2.JPG左から順に。

いたいたしい姿。
いちばん上の寄せ木が、なくなっています。

紙やすりを使って、欠けたところをななめにけずって、塗装をはがしたところ。

オリーブオイルをぬったもの、横からと正面から。
新品みたいになりました。

オリーブオイルは、日をおいて何回か塗るつもりです。
よくしみ込ませたほうが、いいかなと思って。

再生したお箸は、どれくらいもつでしょう。
寄木の接着部分が、すぐにいたんできそうな気もします。

洗った食器は自然乾燥させていましたが、箸だけはすぐにふこうと決めました。
少しでも、長持ちしてもらわないと。




posted by つくつく坊や at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック