2011年04月18日

金工教室:銅のキャッシュトレー

20110418-1.JPG

打ち出しの模様をつけた、銅のキャッシュトレーです。
切り売りのサイズ(12p×24cm)のままで作ったので、キャッシュトレーにしては細長くてペン皿のようです。

皿のかたちはすぐにできたので、これは早くできるとよろこんだのに、模様に時間がかかりました。
裏からふくらましたら終わりだと思ったら、表に返して、さらにしっかり模様をつけて。
ぼんやりしたかたちが、くっきりしてくるのは楽しいけれど、たいへんでした。

キズやでこぼこをかくそうと、底全体に刻印で模様をつけたので、さらに時間がかかりました。
模様をつけているうちにへたってきたふちを、もとどおりに立てなおし。
かたちを整え、底を平らにして、縁をきれいにして、染めて、ラッカー塗って、やっと完成でした。

妹のいる本屋で、使ってもらうつもりです。
使ってもらうけれど、キズはつけないでほしいな…

20110418-2.JPG  20110418-3.JPG

皿の裏表と、紙に描いた模様

模様の高さを考えていなかったので、なりゆきで茎がいちばん高くなりました。
実と茎、葉と茎のつなぎ目も、描いたようにはならないと、打ち出してから気がつきました。
かんたんな模様でも、立体にするのはむずかしいです。

posted by つくつく坊や at 18:29| マイアミ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・金属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック