2011年08月03日

3mm方眼ノート

クロスステッチの図案を考えるときは、3mm方眼のノートとルーズリーフを使っていました。

それがなくなりそうになったときには、世の中すでに、5mm方眼一色。
さがしても、さがしても、3mm方眼がないんです。

こまったなと思っていたら、家に1/10インチ方眼紙があったのを思い出しました。
回路設計に使うといって、夫がイギリス出張に行く弟にたのんで買ってきてもらったものです。
夫のものは、わたしのもの。
たいして使っているふうでもないので、1冊使わせてもらいました。
それも残りわずかになったのですが、2冊目は拒否されました。

しかたがないので、ネットでさがしてみたら、見つけました。
一ツ橋ノートの、PLANNING SECTION、3mm方眼。
丸善や伊東屋で買えるようなので、よろこんで梅田の伊東屋に行ったら、取り寄せ不可。
ついでに聞いてみた紀伊国屋では、取り寄せは10冊単位という無情な回答。

それが、そのあとジュンク堂に行ったら、あっさり別の3mm方眼ノートを発見しました!
表紙も赤・黒・黄色の3色から選べて、A4サイズ。
メーカーを見たら、コクヨだったので、なんだか拍子抜けでした。
しかも表紙の裏に、鯨尺や曲尺のメートル換算表がついていたので、ずっと前からある製品なのかも。
カタログを見たら、デザインノート(洋裁帳)とありました。
いつまでも、廃番になりませんように。

20110803-1.JPG 買ったのは、黄色い表紙。

20110803-2.JPG
古いノートはナカバヤシ。
赤いのがイギリスのインチ方眼用紙。



おまけ:
こぎん刺し用に、トチマンの2mm方眼紙を買ったという人もいました。
トチマンのHPを見ると、そこはグラフ用紙の宝庫!
2mm、3mmはあたりまえ、0.5mm、1.5mm…にインチサイズもありました。
イギリスに行かなくても、だいじょうぶ。
罫線も青やオレンジ色のがあって、大きさもA1からA4サイズにBサイズ。
菱形、立体三角、斜投影なんていうのもありました。

posted by つくつく坊や at 19:46| バンクーバー ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック