2012年01月09日

かっぽう着

冬は、エプロンよりかっぽう着。
袖口がカバーできるし、着ていると少しは暖かいし。
セーターの日は、一日中かっぽう着を上に着ています。
そういうわけで、出番の多いかっぽう着を1着新調しました。

20120109-1.JPG


家にあった使えそうな布は、110cm幅120cm。
ちょっとたりないかもしれない、でも、なんとかなるかも、という微妙な大きさでした。
横幅いっぱいに前と後ろの身頃をとって、のこりでそでがぎりぎりとれるくらいの大きさ。
ひももとらないといけないし、えりぐりの始末用のバイアステープと、できればポケットもほしい・・・
で、こんなふうに布を使いました。

20120109-6.jpg


そでは、脇の下にまちを入れて幅を確保。
前身ごろと後ろ身頃は切りはなさないで、そでをつけるところだけに切り込みを入れて幅を確保。
後ろ身頃のはしを布のみみにして、縫い代の幅を節約。
ポケットはえりぐりとすその残りを縫いあわせて、なんとか1つ確保。
ひもとバイアスも、残ったところでとれました。

20120109-5.JPG 4枚はぎのポケット

20120109-4.JPG身頃にそでをつけるのは、手縫いでなんとか。
そのあと、縫い代を倒してミシンで押さえましたが、脇の下にタックをとらないと縫えません。

そで口は、着てから長さを決めて、ゴムがはいるように三つ折します。
すそは、カーブのほうが見た目がよかったかも・・・
でも、縫うのは直線のほうがかんたんです。



20120109-2.JPG  20120109-3.JPG
思ったよりうまくできて、大満足!


posted by つくつく坊や at 12:26| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック