2012年01月17日

ブルキナファソの刺し子

「世界のかわいい刺繍」という本にあった、ブルキナファソという国の刺し子がすてきでした。

布目をかぞえて刺しているのに、おおらか。
日本の「こぎん」や「刺し子」のように、布の補強なんていう役目はなくて、ただただ装飾としての刺しゅう。
白地に黒糸でぽつんぽつんと刺してあるもようが、とってもモダンでした。

その刺し子の「さかな」が気にいったので、写真をみながら刺してみました。


20120117.JPG

posted by つくつく坊や at 17:56| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック