2012年03月30日

織物の道具入れ

織物教室で使う道具は、細長いものが多いです。
棒は45cmくらい、刀杼が50pくらいあります。
それが何本もあるので、かばんにうまく収まりません。
先は飛び出すし、傾いてくるし。

織っている途中だと、棒に糸がかかっていて、もっとたいへんになります。
糸がからまないように棒に巻きとって、
棒の端を輪ゴムでとめて、
ふろしきで包んで、
かばんに。
かばんは、もうぱんぱんです。

ふろしきでもよかったのですが、棒と刀杼を整理したくて作った道具入れです。

材料は、トートバッグ。
脇をほどいて、持ち手をずします。
底布とポケットは、持ち手がついていた辺だけほどきました。

20120330-1.JPG


20120330-2.JPG  20120330-3.JPG


持ち手は、1本を持ち手にして、もう1本はひもに。

20120330-4.JPG


底布は、棒や刀杼を分けて入れる仕切り。

20120330-5.JPG


もとからあったポケットは、二つに分けて輪ゴムと糸入れ。
面ファスナーでとめます。

20120330-6.JPG



道具をいれたら、上下を折って、くるっと巻いてひもでしばります。

20120330-7.JPG

20120330-8.JPG


ずいぶん前に作りましたが、使い勝手は上々。
持ち手が長かったら、肩にかけられてもっとよかったけれど、材料が…




posted by つくつく坊や at 21:41| ソウル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック