2012年07月10日

パスポートケース

20120710-1.JPG


ただただ、パスポートを肌身はなさず持つためのケースです。
ひたすら、かさばらないように、めだたないように作りました。

前回出張のときは、直前だったので、名札が入っていたビニールケースにひもをつけてわたしました。
ベタベタするとか、安っぽいとか文句たらたらでしたが、空港でも同じようなものを売っていたとか。
ちょっと、鼻高々…手(チョキ)

こんどは時間があったので、べたつかないように布で作りました。
古いワイシャツの生地が、うすくて色もめだたないので最適です。

@12p×62pの布を、図のようにおりたたみます。
 布は、ワイシャツの前身ごろからとりました。

パスポートケース.jpg


A折りたたんだ上下を縫います。
Eのところはふたになるので、先(右側)の幅が狭くなるように、すこし斜めに縫うといいです。
 使うとき、ふたを内側に入れやすくなります。

20120710-2.JPG  20120710-3.JPG


BAとEのかさなったところが返し口です。
 そこから、表に返します。

20120710-4.JPG


C返し口にヒモとおしをはさんで、はしを縫います。

20120710-5.JPG


20120710-6.JPG  20120710-7.JPG


使用後の感想は、「よかったけど、パスポートがしめった」
汗だくになる季節なのでした…

内側を撥水生地にするか、ビニールケースを入れて使う?
使う布が厚いと、内側の布がだぶつきます。
これから作る方は、いろいろ試してみてください。
posted by つくつく坊や at 12:26| 瀋陽 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック