2012年07月14日

「ヤオ族の刺しゅう 文様に込められた祈りと移住の物語」

4286098818ヤオ族の刺しゅう 文様に込められた祈りと移住の物語
訳者:坂口 里香
文芸社 2011-02-15

by G-Tools


アメリカへ移住したヤオ族の人々が語る、刺しゅう今昔。
刺しゅうの文様や色、配置にも移り変わりがあるということを知りました。

著者アン・ゴールドマンは難民定住ボランティアで、ヤオ族に出会い、その刺しゅうに魅せられた人です。
訳者は、文様の意味を知りたいだけだったのに、内容に魅せられてとうとう全文翻訳。

刺しゅう文様図録(モノクロ、マス目なし)が、57ページあります。
こぎん刺しのように地糸をすくっていく刺しゅう、クロスステッチのように表の糸が交差する刺しゅう、ホルバインステッチのような刺しゅう。
似ているようでも、刺し方はちがうようだし、裏を見ながら刺しゅうするというのにびっくり。
文様も、手長猿、クモ、ネコ、ミズスマシ、トラの耳・爪・額、かぼちゃの花、天秤ばかりなど。
生活、伝説に根ざした文様が多いです。

カラー写真は、小さくて残念だけど8ページに32点。
本文にはモノクロ写真もあります。
きれい、細かいと感嘆するだけだった布の見方が、これで少しかわるかも。
posted by つくつく坊や at 12:07| 瀋陽 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・・・刺しゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック