2012年10月17日

栗の渋皮煮

栗を、たくさんもらいました。
うれしくて、すぐに栗ごはんを炊いたのですが、1回で渋皮むきに降参。

だから、渋皮むきから逃れたいがための、渋皮煮です。
渋皮煮も手間がかかりそうですが、皮をむくよりましだろうと思って作業開始。

鬼皮はお湯につけておいたので、時間はかかっても楽々むけます。
渋皮さえなければ、もっと愛されるのに、栗、実に残念です…

20121017-1.JPG




重曹をいれて、たいているところ。
すごいアクです。


20121017-2.JPG
重曹で2回ゆでこぼして、そのあとも3回くらいゆでこぼしました。

栗がずいぶん白くなってしまったのですが、これでいいのでしょうか?
初めて作るので、よくわかりません。

前に食べた渋皮煮は、もっと黒っぽくて、やわらかい渋皮がついていたような。
そして、その姿ににあわず、とってもおいしかったんです。
そんな渋皮煮ができると楽しみにしていたのに…

ちょっと、ちがう渋皮煮になりました。
甘くて、少しかたいです。
渋皮をむく手間はかかりませんでしたが、時間はいっぱいかかりました。

20121017-3.JPG


posted by つくつく坊や at 19:18| 天津 | Comment(0) | TrackBack(0) | おやつ・食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック