2013年02月13日

「糸から布へ 編む・もじる・組む・交差する・織る技術」

4817081937糸から布へ―編む・もじる・組む・交差する・織る技法
小林 桂子
日貿出版社 2013-01

by G-Tools

すごい本だなぁと思いました。
493ページに、ぎっしり、カラーじゃないけれど写真と図がいっぱい。
人が自分の手を使って、糸を布にするのにかさねてきた工夫の数々を紹介している本です。

扱っている材料は、繊維に限らず、竹やヤシの葉、ワラなどいろいろ。
技法も、布にするだけではなくて、刺しゅうやレース、組みひもなどと、こちらもいろいろ。
読みごたえ、たっぷりです。

興味があったこと、まとめて全部のっているというかんじでした。
カード織り、マクラメ、クテ打ち、ヤオ刺し。
いろいろ本を読んでいたんですよ。
それが、この1冊に勢ぞろいしていました。
どんなものかと思っていた大森細工(麦わらを編んだ玩具です)のことも、ちらりとでていておどろいたり。

いろんな文献からとった例を説明してあるのですが、講義の資料のようなかんじです。
そのせいか、もう少し説明があればなぁと思うところもありましたが、図をみながら試してみればわかることなのかもしれません。
「糸と遊び、糸の動きを追うために試作してみると、古代人が考える技法の展開順を追うことになる。」とありましたから。

日貿出版のHPにくわしい内容紹介があります。
posted by つくつく坊や at 20:29| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・・・手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック