2013年02月26日

銅製、ネコのマグカップカバー

20130226-1.JPG

マグカップカバーを金属で作る必要があったのかというと、やや疑問。
でも、他の材料では作れそうになかったし、ほかに作りたいものもなかったんです。

20130226-2.JPG  20130226-3.JPG


さびがでるとイヤなので、内側は錫びきしました。
カバーを火であぶって、針金状の錫を押しつけて少し溶かします。
それを、布を使ってうすーくのばすのが、むずかしいです。
縁は、途中であきらめました。
熱い作業です。

外側はロウ引きしてあります。
金属にもロウ引き!
ミツロウは温度が高くなるとべたつくそうなので、イボタロウを使いました。

カバーはドライヤーで温めましたが、ピンセットでつまんだロウがくだけて、吹き飛ばされるので難航。
これも熱い作業でした。

20130226-4.JPGデコボコしていて、もう使い込んだようなかんじです。
posted by つくつく坊や at 23:51| 香港 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・金属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック