2013年03月22日

修理がつづきます。

綿入れズボンの修理です。
ひざのところがすりきれてしまいましたが、家用なのでツギをあててまた使ってもらいます。

20130322-1.JPG  2013-322-2.JPG


夫はこの冬、ズボン3本に次々と穴をあけました。
それも、なぜか左のひざばかり。

洗濯のときに気づいた穴は、いつからあいていたのやら…がく〜(落胆した顔)
洗っているときにあいたと思いたいです。
通勤用ズボンにツギあてはないだろうと、すぐに処分しました。
もちろん、使えそうなところは残しましたよ。

それから少したった日、「穴のあいたズボン、捨てた?」と夫が会社から電話してきました。
穴があいたズボンに未練?まだはくつもりだったのかと思ったら、
「今はいてるズボンにも、同じとこに穴があいてんねんけど…がく〜(落胆した顔)

電車で人に見られているような気がしたのは、そのせいだったと納得していました。
ズボンの穴に気がついていないふりをして働き、そしらぬ顔で電車にのって帰ってきました。

20130322-3.JPGツギあてには、この穴あきズボンを使ってあげました。
穴があく寸前の右ひざも、同じように補強してツギをあてておきました。

posted by つくつく坊や at 15:15| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック