2013年04月26日

金工教室の道具入れ

20130426-1.JPG


金工教室の道具を入れておく袋です。

道具といっても、糸のこの刃、銀ロウとフラックス、紙やすりという消耗品。
それを袋に入れて、教室に置いてもらっています。
初めから使い続けてきたのは紙の封筒で、ずいぶん長持ちしましたがもう限界。

ずいぶん前に作ったけれど、あまり使っていなかった袋を使うことにしました。
対応織りのひもを持ち手にして、ファスナーの金具も変えて、気分一新。
自作のひもは切りたくなかったので、端の三つ編みもそのままにして縫いつけました。

20130426-2.JPG  20130426-3.JPG


粗品のリュックサックから作った袋なのですが、映画クリフハンガーのタグがついていたので、そうとう前のです。
使っているうちに縫い目から布が裂けてしまったので、分解してポケット部分をこの袋、残りの部分を手さげカバンにしました。

20130426-4.JPG

じょうぶなので、手さげカバンのほうは図書館用に今も使っています。

20130426-5.JPG  20130426-6.JPG

ポケットもリュックの部品から作ったので、おそろいです。
posted by つくつく坊や at 21:22| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック