2013年05月22日

ペブル織り その2

20130522-1.JPG


ペブル織りのヒモ、2本め。
みんぱくに展示されているヒモのもようだとおしえてもらったので、実物も見てきました。

それは、幅が1cmくらいの細くて長いヒモで、とてもまねできないような細かなもようが並んでいます。

ヒモの下にある、幅の広い帯ももちろん手織り。
服も手織りだったかもしれません。
なんでもないようでいて、実はすごくぜいたくな衣装でした。

20130522-2.JPG  20130522-7.JPG


みんぱくでは、「マダガスカル 霧の森のくらし」という特別展も見てきました。

マダガスカルの森に暮らすザフィマニリの人々は、生活で使うものを身近な素材で作っているそうです。
そこに伝わる木彫りの技は、ユネスコの無形文化遺産に指定されています。

20130522-3.JPG 草を染めて織った帽子

帽子を織っている途中
20130522-4.JPG  20130522-5.JPG


20130522-6.JPG
木彫りのイス
posted by つくつく坊や at 22:24| シンガポール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック