2013年05月27日

作業ズボンを家用に

夫が退職前にはいていた作業ズボンを、堂々とはいてもらえるようにしました。

堂々とはけない理由は、ベルト通しの社名とマーク。
そのままでは、ちょっと外へとはいかないくらい目立っていました。

しかし、まだまだ使えるズボン、ひざもすりきれていないりっぱなズボン。
なんとかして、寿命がつきるまで使ってもらいたいと思います。

20130527-1.JPG
ベルト通しをはずします。
このうしろ側にある太いベルト通しに、マークと社名が印刷されています。

裏返してつけようと思っていたのですが、裏表がはっきりわかる布だったのでその方法はムリでした。


そこで、半分に切って2本の細いベルト通しに作りかえることに。
切ったところを裏側に三つ折りにして、縫いとめます。
ちょうどマークと社名のところが裏側になって、見えなくなりました。

20130527-2.JPG  20130527-3.JPG

20130527-4.JPG
元のところに、あいだをあけて2本縫いつけます。

これで、道行く人にはどこの会社の作業ズボンかわからないはず。
堂々とはいて歩いてもらいましょう。

期待をこめて、パパっと3本まとめてお直ししておきました。

20130527-5.JPG





posted by つくつく坊や at 23:16| シンガポール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック