2013年06月23日

織物のトートバッグ

クラフトパークの体験教室で作りました。
左は妹が作ったもので、右のがわたし作です。

20130623-1.JPG


2色のたて糸が交互にはってあるので、1段ごとにたて糸の色がかわるという織物。
棒機でも2色のたて糸で織っていたので、どんな織物になるのかはわかりました。
でも、色が全然わからないんです。
太い麻糸のよこ糸の色に、細いたて糸の色が重なったらどんな色合いになるのか、想像もできません。

しかも、よこ糸はこの中から何色でも選べて、何段めで変えてもいいんです。
どの色もきれいなので、まよいます。

たて糸の配色は、6台ある織り機ごとにちがっていて、どれを選べるかはじゃんけん勝負です。

20130623-2.JPG  20130623-5.JPG


たて糸の色がかわっているのが、わかるでしょうか?
よこ糸が織り端に少しでているところが、小さいループが並んでいるようでかわいいです。

20130623-3.JPG  20130623-4.JPG


少しずついろんな色をいれて織ったら、縞もようになってしまいました。
教室の見本は大きなチェック柄で、それもいいなと思っていたのに、よこ糸を次々に変えたいという欲望に勝てなかったのでした。

20130623-6.JPG織った布を2つに折って、脇と底をミシンで縫ってバッグに仕立てます。

持ち手は金具ではさんでいるだけなので、重いものを入れるのはちょっとこわいです。
posted by つくつく坊や at 19:02| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック