2013年08月17日

手づくりの化粧品

手づくり石けん教室では、化粧品も作りました。
化粧水、日焼け止めクリーム、美白乳液、ハーブエキス入りローション。

どれも、すごーくかんたんで、混ぜるだけでした。
石けんのように材料の扱いに気を使う必要もなくて、作業にゴム手袋もいりません。
それに、作ってすぐに使えます。

20130817-5.JPG化粧水は、クエン酸とグリセリンに、水とお肌に有効な成分をいれるだけ。
クリームや乳液は、オイルと乳化ワックスに、水と有効成分。
ハーブジェルは、水とキサンタンガム(増粘多糖類)、グリセリン、オイル、ハーブエキス。
好みで、エッセンシャルオイルも混ぜます。

グリセリンといろんなオイル 


有効成分というのがいろいろあって、そのちがいでいろんな効果のある化粧品ができるのでした。

日焼け止めクリームには、紫外線を反射するという二酸化チタンを入れました。
チタンといえば軽い金属というイメージしかなかったのですが、二酸化チタンはうすいオレンジ色の粉でした。

20130817-1.JPG  20130817-2.JPG
         乳化ワックス
ココナツオイルをいれて、温めて溶かします。

20130817-3.JPG  20130817-4.JPG
       二酸化チタン
二酸化チタンとお湯をまぜて、できあがり。

どれくらいの効果があるのかは、わかりません。
クリームをぬったあとのベタベタ感が好きではないので、たぶん、妹にあげる…
化粧もしないから、ほかのもあげる…

そういえば、昔は(今も?)家で作るヘチマ水というのがありましたよね。
教室で化粧水を作っているときに、思い出しました。
教室では、ヘチマたわしが入っている石けんがあるというのも聞きました。
ヘチマ、すごい…
posted by つくつく坊や at 10:57| ヤンゴン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック