2013年11月11日

「屋根裏部屋の博物館 Attic Museum」

みんぱくの「屋根裏部屋の博物館 Attic Museum」に行ってきました。
渋沢敬三という人が収集した民具、玩具の展覧会です。

すべての展示に興味があるわけではないので、しっかり見るのはやっぱり刺しゅうや手作りのもの。
中でも目をひいたのは、ワラの手袋です。
ちょっと北欧っぽい…ことないですか?

20131111-1.JPG  20131111-2.JPG

20131111-3.JPG


20131111-4.JPG
鍋つかみも、布じゃなくてワラ。


  薩南十島の刺しゅうてぬぐい。
  すごくこまかい、刺し子でした。

20131111-5.JPG







台湾高砂族の服。

20131111-6.JPG  20131111-7.JPG




4473039161屋根裏部屋の博物館 ATTIC MUSEUM: 渋沢敬三没後50年
国立民族学博物館
淡交社 2013-11-05

by G-Tools

4309726569図解 大正昭和くらしの博物誌―民族学の父・渋沢敬三とアチック・ミューゼアム (ふくろうの本)
近藤 雅樹
河出書房新社 2001-03

by G-Tools
posted by つくつく坊や at 23:04| ドバイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック