2013年12月01日

きのこのストック

妹にさそわれて、ちょっと遠出をしました。
阿倍野橋から電車にのって約30分のところにある、富田林の寺内町。

そこが、行ってびっくり、江戸から明治大正にかけて建てられた家が、びっしり軒を連ねて並んでいる町でした。
屋根がすごい、蔵がすごい!
そのすばらしい街並みは、こちら「富田林寺内町の探訪」で、ゆっくり楽しんでくださいませ。

わたしたちは、そこの「楽食 楽まち じないまち」というイベントで、きのこのストックを作って味わってきました。

たっぷりのキノコをいためて、塩・しょうゆ・酒でしっかり味付けして水分をとばします。
キノコをいためるときは、あまりまぜないで焼きつけるようにするほうが、ねばりがでなくていいそうです。
味付けしたら、こげつかない程度に、下からすくうようにまぜます。
ひたすら、20分から25分くらい火をとおしつづけるだけで、できあがりです。

20131201-2.JPG  20131201-3.JPG


20131201-4.JPG
ビンにつめて冷蔵すれば1カ月は、保存できるそう。
500gのシメジ・シイタケ・エリンギ・エノキが、ちっちゃなビンにおさまってしまいました。




これがあれば、さっとお湯をそそいで、スープに。
フードプロセッサーでペーストにして、パンのおともに。
そして、蒸してつぶしたサトイモにまぜるだけで、しっかりしたサラダがすぐできるという、すぐれもの。

そんなふうに、先生が用意されたお料理を、おいしくいただいて帰ってきました。

20131201-1.JPG

posted by つくつく坊や at 12:17| ドバイ | Comment(0) | TrackBack(0) | おやつ・食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック