2014年05月14日

「背守り 子どもの魔よけ」展

グランフロント大阪にあるLIXILギャラリー、「背守り」展を見に行きました。

グランフロントといっても、お店の入っているにぎやかなところとは別で、ひっそりとしたオフィス棟の12階にあります。
狭い通路に立っている警備員さんが、ギャラリーの目印。
勇気を出して入りましょう…

背守りというのは、小さい子どもの着物の背中につけた魔よけのお守りです。
糸で縫い目をつけただけのものから、刺しゅう、押絵などいろいろあって、昭和の初めごろまで見かけられたそうです。

小さなはぎれをぬいあわせた百徳着物や、迷子札、背守りの刺しゅう見本帳なども展示してありました。
静かな会場で、ちいさな着物につけられた背守りをみていると、子を思う母の気持ちに圧倒されてしまいます。



4864805083背守り ― 子どもの魔よけ (LIXIL BOOKLET)
佐治 ゆかり 夫馬 佳代子 鳴海 友子 三瓶 清子 住友和子編集室
LIXIL出版 2014-03-11

by G-Tools

posted by つくつく坊や at 22:05| ブリスベン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック