2014年10月01日

カメラのざぶとん、ふたたび

20141001-2.JPGカメラのざぶとんに入れるポリスチレンのビーズを、みつけました。
100円ショップにあった、小さなクッションの中身がそれだったんです。

これで、軽いざぶとんが作れます!

中表にあわせた四角い布に、ヒモをはさんで縫って、表に返して、まんなかに十字にミシン。
これで、縫うのは終わりです。

20141001-3.JPGビーズを出すためにクッションの返し口をほどくと、こんなものがでてきたので、ちょっといやな予感が。
だって、100円のものにこんな手間をかけてあるんですよ。
変でしょう。

クッションを押さえてもビーズがでてこないので、タコの口みたいなところに紙筒をさしこんで傾けたら、ドハッとでてきてこぼしました。
やっぱりね…
ビーズは2ミリあるかないかで、すごく軽くて、手にもくっついてあつかいにくいものでした。

20141001-4.JPG夫の手も借りたのですが、紙筒のすきまからこぼれ落ち、それを受けていた段ボール箱の底のすきまからもこぼれ出て。
ざぶとんの返し口からもあふれたりして、さんざんでした。

返し口を縫うのも、すきまからビーズがとびだすのをクリップで防ぎながら。
もちろん、あと始末もたいへんでした。

そのかいあって、前のは265gあったのに、これはたったの20g!
これなら、外にも連れて行ってもらえるでしょう。

20141001-1.JPG

大きさは21p×21pで、ヒモは結んだ長さが15pくらいです。

posted by つくつく坊や at 15:47| カイロ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 手芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック