2015年01月21日

80サイズのブラウス

20150121-1.JPG


姪の子どもに、ブラウスを作りました。
夫のシャツがいっぺんに4枚も引退したので、ブラウスも4枚。

まとめて作ると手早く縫えるけれど、失敗もまとめてするから、さしひきゼロくらい。
それなのに、使った型紙には肩にも袖にも「いせ込み」がはいっていて、その手間が4倍…
「いせ込み」なんて、そんな存在、すっかり忘れていました。

本には、裏えりは縫いしろを2o切りおとしてから、表えりとあわせて縫うように書いてありましたが、これは縫ってから気がついたので、ホッと一息。

そういえば、中学でそんな縫い方を習ったような気がしてきました。
しかも裏えりはバイアスに裁って中央ではぎあわせていたような気がするし、脇や肩にはダーツがあったような気もします。
今は、どうなんでしょう。

20150121-2.JPG引退したシャツは、汚れていたり生地がいたんでいたりで、80サイズの型紙でも置くのがけっこうむずかしいです。

ポケットのミシンステッチのあとも残ってしまいます。

白は女の子のにして、ほかは男の子の。
なにしろ色柄が、地味ですから。

ボタン穴はどっちにあってもいいと思うのですが、常識(?)にとらわれてしまいました。
しかも女の子のだけ、丸えりです。

20150121-3.JPG  20150121-4.JPG

20150121-5.JPG  20150121-6.JPG

posted by つくつく坊や at 21:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの・・・こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック