2015年08月20日

デイパックの持ち手修理

20150820-1.JPG底にあいた穴を修理した夫のデイパックが、2度めの修理にやってきました。
こんどは、じょうぶな持ち手がちぎれています。

これは、難問。
もとのように持ち手をはさんで縫うのはむずかしそうだし、袋布の上に持ち手を縫いつけると、こんどは袋布がさけてしまいそうな気がします。

どうしたものかと思っていら、持ち手に選んだ二重織りのヒモのおかげで、答えがでました。

20150820-2.JPGヒモを切りたくないので、2つに折ったらちょうど持ち手にいい長さでした。
折った端を縫いあわせたら、輪になって。
輪になったら、肩ひもにとおして持ち手にできる!

こうして、トントントンと問題が解決しました。

ヒモの端はジグザグミシンをかけたあと、重ねてミシンで縫い合わせて輪にしました。
それを肩ひもにとおすだけだと安定しなかったので、手縫いでしっかりとめています。

20150820-4.JPG  20150820-6.JPG


背負いヒモは、端の革をはずさないと金具から抜けませんでした。
だから、革の縫い目をほどいてはずして、また、もとどおりにつけるという余分なひと手間がかかりました。

ついでだったので、長すぎるヒモを短く切って、革のすりきれた縫い目も縫いなおしておきました。
これで当分、だいじょうぶ。

20150820-3.JPG  20150820-5.JPG


20150820-7.JPG





posted by つくつく坊や at 22:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック