2015年09月14日

棒機の道具

羊毛からマフラーを織る教室は、まったなしで進んでいます。
夏休みの宿題、糸紡ぎができたと思ったら、機織りの道具作りが待っていました。

20150914-2.JPG
用意された材料を、カッターナイフで削り、ヤスリをかけて道具を作っていきます。
板杼のくぼみは、ノコギリとドリルも使ってなんとか完成。

板杼と刀杼の材料は、アガチスです。


棒の長さは60pで、1p間隔で目盛りをつけてあります。
マフラーを織ったら、この幅いっぱいのショールを織ることになっています。

20150914-1.JPG

穴があいているのが綾棒で、目盛付きの細い棒は糸綜絖をかける棒だと思うのですが、2本の角棒は?
同じ棒機でも、教室によって道具がちがいました。
posted by つくつく坊や at 21:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック