2015年09月29日

袱紗のシミかくし

金封入れを作ったので、シミで汚れた袱紗はいらないと思ったのですが、夫のことを忘れていました。

きれいでも、あれはよー使わんでしょう…
袱紗も、使えるようにしなければ。

袱紗についていたシミは、こんなのです。
ヒモをとめてあった白い接着剤が、表布にしみだしているんです。
内布も、もちろんシミシミ。

20150929-1.JPG  20150929-2.JPG


分解して洗っても、接着剤は白く残ったまま。
そして、表布はびっくりするくらい縮んでしまいました!

20150929-3.jpgかわりに使える布がなかったので、アイロンでむりやり伸ばしました。
縮緬がだいなしですもうやだ〜(悲しい顔)

シミがかくれるように折って、縫いました。
写真は、図のように縫ったあと広げたところです。

新しい内布と縫いあわせて、終わり。

もちろん、ヒモは接着剤でとめたりしませんよ。
端を結んで、結び目を内布の裏に引き込んでおきました。

20150929-5.JPG  20150929-4.JPG

縫い目を袱紗の辺にあわせることはできませんでしたが、シミよりは目立ってません。
だいじょうぶ、これなら使えます。
posted by つくつく坊や at 22:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック