2015年10月05日

かせくり器

20151005-1.JPG

あこがれの、かせくり器。
ニット干しを使っている方がいたので、それをヒントに作ってみました。


使わないときは、ヒモがもつれないように棒に巻いています。

20151005-2.JPGとめてあるナットをはずして、コの字型のプラスチック棒を十字に組みかえます。
1本は、棒をはめるための切り込みがはいっています。

もういちどナットをしめて、2本の棒をとめます。
作りがわるくて棒がぐらぐらしますが、そのまま使っています。

棒はカセが落ちない長さで、必要最小限。
カセはいつも同じ長さに巻いています。

この棒は、古い冷蔵庫の棚の縁カバーでした。
冷蔵庫は処分しても、こんなものが捨てられない…
2本あって、長さもちょうどよかったのでそのまま使いました。


20151005-3.JPG  20151005-4.JPG


つりさげるところは、車輪がこわれたキャスター(捨てられない…)、木片とヨートー。
キャスターを水平に保つために、車輪をけずって木片をさしこみましたが、こんなにけずらなくてもよかったかも。
けずるの、たいへんでした。

20151005-5.JPGこれを、押し入れの棚につけた棒につりさげます。
なぜこんなところに棒があるのかは、またいつか。
もちろん、棒はとりはずせますよ。


使ってみたら、キャスターにはいっているベアリングのおかげで、クルクルとよくまわります。
快適です!

20151005-6.JPG


糸を引いたときに、棒の端に糸がひっかからない高さにして使います。
床に座って巻くときは、こんなかんじで床すれすれです。
posted by つくつく坊や at 23:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック