2016年05月16日

スンバ島の経浮織り

20160516-1.JPG


とびもようの経浮織りと同じ方法で、裏にわたるたて糸をおさえてあります。
おさえのよこ糸は、定期的に入れていきます。

裏側の赤い線のところで、糸をおさえています。
間隔があいて糸がたるんでいるところは、気持ちもたるんでいたところ。

20160516-2.JPG  20160516-3.JPG


太いよこ糸(紺色)を使っているので、たて糸(赤)のあいだからよこ糸がチラチラ。
まばらに見えるところが、絣織りっぽいかんじです。
配色や柄だけじゃなくて、それもインドネシアの織物のふんいきを作っているような気がしました。

20160516-4.JPG

posted by つくつく坊や at 22:12| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 手織り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック