2016年07月18日

小さい子どものカーディガン

今までに紡いだ糸で編みはじめたら、地の白糸がどうみてもたりないかんじ。
次の糸紡ぎ教室まで待てなかったので、少し前にスピンドルで紡ぎました

前の糸と同じ太さ、撚りの強さになるように、がんばったつもり。
でも、並べて見たら、撚りが逆でした!

スピンドルは時計回りに回して紡いで、単糸はZ撚り。
反時計回りで双糸にするので、S撚りでした。
それに対して紡毛機は、単糸が車輪(?)を時計と反対回しにして紡いでいたのでS撚りで、双糸はZ撚り。

しかたないので、そのまま編みましたが、使っているうちに差がでてくるのでしょうか?
編んでいるときに、Z撚りの糸は撚りがあまくなるような気がしましたが…

20160718-1.JPG  20160718-2.JPG


「着せたい縫いたい赤ちゃん服」にあったカーディガンを、模様をかえて編みました。
前身ごろのえりぐりは、段数をまちがったもうやだ〜(悲しい顔)ので、やや開きぎみ。
そこを、本と同じえりの目数を拾って編んだので、ちょっと不安。
それ以外は、だいたい同じように編めたと思います。

カーディガンを編んだのは初めてで、工程の多さに閉口しました。
それに、減目もむずかしいです。
2目以上減らすときは、減らす段が左右でちがうことは理解できましたが、後ろ身ごろの肩の引き返し編みとえりぐりで、挫折。
あわてて図書館で、本をさがしました。(夏でよかったです!)

それでも、本と減目の段が左右逆になるのでヘンだなぁと思っていたら、作り目を段数に数えていませんでした。
ゴム編みなのに、なぜ1段目は全部表目なのかなぁと思ったことはありましたが…
今まで、ずっとまちがっていましたよ。

いろいろ、勉強になりました。

20160718-3.JPG  20170718-4.JPG

こげ茶と青は、ほかの糸より太いです。
そのせいで、もようの青い点々がずいぶん目立っていると思います。

本よりちょっと小さいできあがりで、丈は35p、身幅は33pくらいです。


4829204427着せたい縫いたい赤ちゃん服―0~3歳・成長にあわせた衣服プランとつくり方
婦人之友社編集部
婦人之友社 2002-11

by G-Tools

ブラウスのときにも思いましたが、作りがていねいすぎるほど、ていねい。
もう少し手を抜いて作れる方が、ありがたい気がするくらいです。
このカーディガンでは、ボタン6個もいらないんじゃないのと思いましたもの。
家にあったお古のボタンは5個組が多くて、いいのが使えなかったから。
posted by つくつく坊や at 15:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 編みもの・糸紡ぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック