2016年08月15日

ペンケースの修理

夫のペンケースを修理しました。
角がすり切れています。

20160815-1.JPG20160815-2.JPG

ファスナーも開けにくいし、この際いわせてもらうなら、ファスナー部分が短くて定規が入れにくいとか。
いわれてしまいましたよ…

20160815-3.JPGしかたがないから、ファスナーもはずしました。
新しいのを作った方が、楽だったかも。

角の布は、もとは夫の擦り切れズボンです。
まだ、ハギレが残してありました。

ファスナーは、家にあったものから選択。
ミシンで片方を縫ったところで、ペンケースより長いファスナーを使わないと、もう片方が縫えないことに気づいて、やりなおし。

ファスナーを少しでも広く開けられるように、角の布幅は細めにしました。

20160815-4.JPG20160815-5.JPG


修理しているあいだ、夫は色あせて引退していた初代ペンケース(これも角布修理済み)を使っていました。
しばらくは、その初代を使うそうなので、残念だけど二代目は待機でした。

20160815-7.JPG  20160815-8.jpg


posted by つくつく坊や at 22:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 繕いもの・お直し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック