2016年12月03日

女の子のブラウス

100pサイズのブラウスです。
まだ、季節外れの洋服を作り続けています。

20161203-1.JPG  20161203-2.JPG

前も後ろも同じようなかたち。

身ごろの下部分は、前と後でちがうのですが、裁断したらどっちがどっちかわからなくなりました。
型紙は前すそが脇で5oくらい上にカーブしていますが、型紙をあててみても微妙。
縫いしろがついていない型紙を布にあてて、線も引かずに縫いしろを目測で裁断しているせいですが。

しかたがないから、どっちでもいいことにして縫いあわせてしまいました。
目分量で切ったり縫ったりしていると、5mmなんて誤差の範囲。
これまでにも何度も(!)ありましたが、なんとかなりました。

このかたち、そでつけがなくて縫いやすいのですが、そでの下は縫いしろに切り込みを深めに入れてもつれています。

20161203-3.JPG本にのっていたのは、色ちがいのボタンと、そで口とえりぐりにあるステッチがかわいいブラウスでした。
だから作ろうという気になったのに、柄布を使ったら、ボタンもステッチももういいかという気になってしまって、いいところを全部省略。
平凡なブラウスになりました。



4579112350少女のまいにちの服―ちょっとおそろいのグランマの服も
月居 良子 H.H.
文化出版局 2009-04

by G-Tools

posted by つくつく坊や at 22:53| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 縫いもの・・・こども | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック