2017年02月12日

手袋を干すときに使う型

折据のことも気になるけれど、手袋の仕上げもしなくてはいけません。

できた手袋を夫にはめてもらったら、甲のまわりがやや大きくて、指はぴったり。
縮絨して指のところが細くなったら困るので、ソックブロッカーの手袋版を作りました。

木で作りたいけれど、材料と自信がなくて針金で。
さがしたら、ちょうどいい太さの園芸用支柱が残っていましたし。

針金の長さが70cmだったので、人差し指と中指、くすり指と小指、それから親指用に分けて作りました。
端をペンチで持って、板に打ったクギに添わせるようにゆっくり曲げて。
もちろん、指の幅は夫の指の大きさですよ。

20170212-1.JPG  20170212-2.JPG


20170212-3.JPG針金の端は、糸でとめて、さらにフェルトでカバー。
しっかりとめられなくて、あとで1か所はずれましたが、むりやりフェルトにつっこんでおきました。
そっと使えば、だいじょうぶでしょう。

くすり指・小指用は端を長く残せたので、先をまげて洗濯バサミに引っかけられるようにしました。



20170212-4.JPG  20170212-5.JPG

縮絨しても、左と右の大きさはちがうまま…
posted by つくつく坊や at 22:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・金属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック