2017年02月24日

折据の糸入れのこと その2

本にあった折据を見ながら、あーでもないこーでもないと折っていたら、またちがうものができました。

20170224-1.JPG使う紙は、たて:よこが1:2です。
短い辺の半分の長さが、できあがりの正方形の一辺の長さになります。
初めに、右のように折り線をつけておきます。

…は谷折り、-・-は山折りです。
緑の→のところは、開いて平らにします。

もう片方も、同じように折ればできあがります。


・最初にできた紙の表側が花になる折据
6は左側は5の谷折りをしたところで、さらに谷折りをして右側のようにします。
8は、折り線をつけて開いたところ。
9の左側が折り線にそって折り始めたところで、右側が折り終わったところ。

20170224-2.jpg  20170224-3.jpg

20170224-4.jpg  20170224-5.jpg

20170224-6.jpg



・裏側が花になる折据
6は、表側が花になる折り方の7〜9と同じように折ります。
そのあと山折りすれば、できあがりです。
3で谷折りしないで山折りして同じように折っていくと、表側が花の折据になります。

20170224-7.jpg  20170224-8.jpg

20170224-9.jpg



・のりでとめなくてもいい花の折据
紙の端をのりでとめなくてもいいし、持つところがしっかりしています。
これで、教えてもらった折据のように花びらの形がぜんぶ同じにできたらいいのに、残念…これが限界。
6は、表側が花になる折り方の7〜9と同じように折ります。
9’は、9の谷折りを折っている途中です。
11の◇の左右のカドを、花びらの下にさしこみます。

20170224-10.jpg  20170224-11.jpg

20170224-12.jpg  20170224-13.jpg

20170224-14.jpg



下の2つは表は同じですが、裏はこんなふうになっています。
左は紙の裏側が花になる折据で、右がのりつけ不要の折据です。

20170224-15.JPG  20170224-16.JPG
posted by つくつく坊や at 22:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作・・・紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック